スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.09.08 19:18
更新日: 2019.09.08 19:48

スーパーGT:スコール&セーフティカーで混沌のオートポリス。GT300はSYNTIUM LMcorsa RC F GT3が劇的勝利


スーパーGT | スーパーGT:スコール&セーフティカーで混沌のオートポリス。GT300はSYNTIUM LMcorsa RC F GT3が劇的勝利

 2019年のスーパーGT第6戦は9月8日、大分県日田市のオートポリスで決勝レースが行われ、スコールやセーフティカーが3度導入されるなど荒れた展開となるなか、SYNTIUM LMcorsa RC F GT3が2019年シーズン初優勝を飾った。

 シリーズ唯一の九州ラウンドとなる第6戦オートポリス。フル参戦している場合、スーパーGTではシリーズ終盤2戦でウエイト係数が変更されるため、この第6戦がシリーズ中もっともウエイトハンデが重いなかでの戦いとなる。

 日本列島に台風が接近している影響で、この週末は天候が不安定になると思われたが、決勝日も早朝から雲は多かったもののドライコンディションで進行。決勝レース前に行われたグリッドウォークも雲の切れ間から日差しが刺すコンディションとなった。

 なお、グリッドについては前日の予選で5番手タイムを刻んでいたエヴァRT初号機 X Works GT-Rに予選中の進路妨害があったとして2グリッドダウンのペナルティが与えられており7番手グリッドへ。これによりグッドスマイル 初音ミク AMG、ARTA NSX GT3のグリッドがひとつずつ繰り上がっている。

レーススタートではポールシッターのHOPPY 86 MCがポジションを守った
レーススタートではポールシッターのHOPPY 86 MCがポジションを守った

 大分県警察先導によるパレードラップ、セーフティカー先導のフォーメーションラップを経て、ドライコンディションのなか65周の決勝レースがスタート。オープニングの1コーナーではポールシッターのHOPPY 86 MCがポジションをキープする。

 その後方には埼玉トヨペットGB マークX MC、4番手スタートのSUBARU BRZ R&D SPORTと続いていき、3番手スタートだったD’station Vantage GT3はSUBARU BRZとグッドスマイル 初音ミク AMGに交わされ、ふたつポジションを下げてしまった。

 直後の2周目、スーパーGT GT500クラスのRAYBRIG NSX-GTがクラッシュした影響でセーフティカーが導入され、レースは早くも一度リセットされることに。

 このセーフティカー走行中、クラス3番手を走るSUBARU BRZのペースが上がらず、先行する埼玉トヨペットGB マークXに遅れを取ってしまう。なんとか走行を続けていたが、6周目にレコードラインを外れて後続に進路を譲ると、そのまま一度ピットへ戻ってしまった。

 レースは7周目に再開され、HOPPY 86はポジションを守ったまま1~2コーナーをクリア。その背後に埼玉トヨペットGB マークX、初音ミクAMGがぴたりと続いていく。この3台がパックとなってバトルを繰り広げペースが落ちたため、その後方からD’station Vantage GT3以下、8番手を走るK-tunes RC F GT3までが数珠つなぎとなる。

 そして11周目の最終コーナー立ち上がりでHOPPY 86佐藤公哉の背後にぴたりとつけた埼玉トヨペットGB マークXの脇阪薫一が12周目の1コーナーでインを突いてオーバーテイクを決めトップへ。すると直後に初音ミクAMGやD’station Vantage GT3も相次いでHOPPY 86を攻略。佐藤はこの1周で一気に4番手まで後退してしまった。

 HOPPY 86を攻略した3台はパックになりながら、後続を引き離していき、トップ争いは三つどもえのバトルへ。そして17周目、GT500クラスが追い抜いていくタイミングに合わせ、1コーナーで初音ミクAMGの片岡龍也が埼玉トヨペットGB マークX脇阪のインに飛び込んでオーバーテイクに成功。トップが入れ替わる。

 この争いを一歩引いて見ていたD’station Vantage GT3も4コーナーへの飛び込みで埼玉トヨペットGB マークXを攻略。2番手に浮上した。その後、2台に引き離されてしまった埼玉トヨペットGB マークXは1コーナー付近で雨が降り始めた21周目のダウンヒルストレートでARTA NSX GT3、HOPPY 86の2台にも交わされた。

 この時降った雨は長続きせず。首位を走る初音ミクAMGは25周を終えた時点で2番手D’station Vantage GT3に対し5秒近いリードを確保してトップを快走。3番手にARTA NSX GT3、4番手にポールシッターのHOPPY 86が続く展開となる。

 その初音ミクAMGが29周目を迎えたころ、第2ヘアピンや最終コーナー、ホームストレート付近でふたたび雨が降り出す。この周に2番手のD’station Vantage GT3がピットインするが、ナットトラブルにより左リヤのタイヤ交換に時間を要してしまい、大きくタイムを失っている。

 そしてGT500クラスの周回でレース折り返しを過ぎた34周目、濡れた路面に足元をすくわれたか、アールキューズ AMG GT3が第1ヘアピンでクラッシュ。バリアに衝突してストップしたため今大会2度目のセーフティカー導入となった。

 この時点でトップの初音ミクAMGから9番手ARNAGE AMG GT3までがルーティンのピットを終えておらず、すでに1度ピットを済ませたチームでは10番手のARTA NSX GT3が最上位となった。

 セーフティカーランが20分ほど続く間に、コース全域で雨が降ったため路面はウエットに。レースはGT300の周回で39周目に再開されたが、ピットを終えていなかった上位陣は思うようにペースが上がらずリスタート直後に次々と後退。すでにピットを済ませていたARTA NSX GT3、マネパ ランボルギーニ GT3、K-tunes RC F GT3がトップ3を占める形となる。

 また、この時点でスリックタイヤを履いていたマシンが濡れた路面に足元をすくわれる場面も多く、このうちPACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHEが1コーナーでスピンしグラベルでスタックしたため、3度目のセーフティカー出動となった。

■セーフティカーとスコールで終盤は混沌。ウエット路面をスリックでしのいだLMcorsaが怒涛の追い上げ


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

FLEX
藤澤友千菜(ふじさわゆちな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング