スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.04.18 11:15

K2 R&D LEON RACING 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート


スーパーGT | K2 R&D LEON RACING 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

2019 AUTOBACS SUPER GT
Round.1 IN OKAYAMA 300km RACE

ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ開幕戦は6位入賞

4/13(土)公式練習 8:50~
天候:晴れ 路面:ドライ 気温:10度 路面温度:14度

 2019年もスーパーGTは岡山国際サーキットから幕を開けた。LEON PYRAMID AMGを走らせるK2 R&D LEON RACINGにとって、これまでと大きく異なるのは、GT300のディフェンディングチャンピオンとして臨むこと。だが、黒澤治樹選手と蒲生尚弥選手のコンビはもちろんほぼすべての体制を不動のままとし、シリーズ2連覇を目指す。
 
 公式練習は4月半ばとしては温度が低めだったが、終始ドライコンディションが保たれた中での走行となった。セッションのスタートとともに黒澤選手が走行を開始。まずは入念にセットアップ、そしてタイヤの選定を行う。上々の手応えをつかんだところで、蒲生選手とバトンタッチ。GT300単独の走行帯に間もなく差しかかろうというタイミングで、赤旗中断となるも影響はなく再開されると蒲生選手は1分26秒134をマークして、12番手に浮上。コンスタントにタイムを刻んでいたことから、予選だけでなく決勝にも期待を抱かせた。
 
公式予選 Q1/14:45~ Q2/15:38~
天候:晴れ 路面:ドライ 気温:16度 路面温度:25度

 岡山国際サーキットでは初めてQ1が2グループに分けられ、LEON PYRAMID AMGは最初のAグループでの出走に。そのQ1は黒澤選手が担当。公式練習より温度は上がったが、それでも当初の予想より低かったことで黒澤選手はタイヤの熱入れに時間がかかり、終了間際のラストアタックで1分26秒280をマークする。Q1突破のボーダーである8番手ではあったが、Q2に控える蒲生選手にバトンを託すことに成功。Q2に蒲生選手が挑む。
 
 黒澤選手のインフォーメイションを受け、より入念にウォームアップを行なって徐々にタイムを上げていき狙い済ませたかのようにアタック。1分25秒186をマークして4番手に躍り出ることとなった。決勝レースは雨との予報も出ているが、事前の公式テストではウエットコンディションでも好感触を得ておりいずれのコンディションでも不安はない。決勝レースは「十分狙える」セカンドローからのスタートとなる。
 
4/14(日)決勝レース 14:30~
天候:雨 路面:ウエット 気温:12度 路面温度:14度

 事前の天気予報では、土曜日の未明から降り出した雨は日曜の早朝までにやむとされていたがこれが大幅にずれ込んでしまい、実際に降ってきたのはお昼前から。20分間のフリー走行では、ウエットタイヤをしっかり選定するため、黒澤選手のみの走行となった。だが、その雨はLEON PYRAMID AMGがグリッドに並べられた頃にはやみ、よりタイヤ選択は困難を極めることとなった。
 
 スタート担当は黒澤選手。決勝レースは弱めの雨の中、セーフティカー(SC)スタートとなって2周の先導の後、いよいよバトルが開始される。だが、その直後に1コーナーでアクシデントが発生。5番手スタートの車両がスピンを喫し、避けきれなかった車両と激突してしまう。もしスタートで出遅れていたら、黒澤選手も巻き込まれていた可能性もあっただろう。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
福江菜々華(ふくえななか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング