スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.11.01 16:32

Arnage Racing 2018スーパーGT第7戦オートポリス レースレポート


スーパーGT | Arnage Racing 2018スーパーGT第7戦オートポリス レースレポート

SUPER GT Rd.7 Autopolis 300km
2018/10/20~10/21
TEAM RELEASE

悪路を走り抜け! Arnage Racing チーム一丸の走りで完走、チームポイント3をゲット

 菅生戦のあと、第7戦となる九州ラウンドまでのインターバルは5週間。ファクトリーでは、激しいバトルが繰り広げられた菅生戦で負った、十数カ所に及ぶ外装パーツの傷を丹念に修理し、組み付け直した。

 また給油方向が菅生とは逆側になるため給油口を左側に移設、さらにピットインした時のメカニックの動きが簡素化されるよう、エアジャッキ口を左側に移設した。

 晩秋のオートポリスは気温が低く、天候の急変も予想される。また、路面が悪く、ピックアップで悩まされるサーキットでもある。チームは準備を万端に整え、サーキット入りした。

October 20th  Qualifying Day

曇り/ドライ 気温:15℃(Q1開始時)/路面温度:24℃  入場者:1万0550人

 2年ぶりに秋の大会となった第7戦のオートポリスの初日は雲が多く、時折雲間から薄日がさすものの肌寒いスタートとなった。9時から行われた公式練習では、まず安岡選手がコースに出てマシンのフィーリングを確かめた。

 走行開始時の路面温度は15℃と低く、予想通りドライバーはピックアップを訴える。さらにはタイヤが異常摩耗をする症状が出たため、チームはタイヤをミディアムからミディアムハードに履き替えて様子を見ることにした。しかし、ピックアップは軽減したものの、タイヤの異常摩耗は収束を見せない。

 チームはマシンを一旦ピットに入れてセットを見直し、加納選手に交代、摩耗の進行を観察した。その結果セットアップで摩耗を止めることは難しいことがわかり、チームは明日の決勝に向けてタイヤ無交換作戦が困難であることを覚悟せざるを得なかった。

 朝のうちは雲の多かったオートポリスも、公式練習の中盤からは厚い雲が晴れていき、午後2時30分からの予選は爽やかな風の吹く秋晴れとなった。決勝でのタイヤ摩耗を懸念したチームは、タイヤを少しでも温存するために、予選をアタック一回で決着をつける作戦で、Q1担当の安岡選手をコースに送り出した。

 安岡選手はワンチャンスに懸けて慎重にタイヤに熱を入れ、4Lap目に1分45秒202をマークしたのち早々にピットに戻ってきた。

 その直後、Q1は赤旗中断となり、残り5分間で再開されたが、アタックのタイミングを逸した上位陣がQ1敗退となるなど、予選は荒れた展開となった。結局EXE AMG GT3はQ2進出とはならず、翌日の決勝を20番グリッドから戦うこととなった。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

K’SPEC
有馬綾香(ありまあやか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング