投稿日: 2019.10.26 14:19
更新日: 2019.10.26 17:11

パロウがポール&貴重な1ポイント獲得で逆転王座近づく。山本、キャシディは3列目スタート【スーパーフォーミュラ第7戦予選】


スーパーフォーミュラ | パロウがポール&貴重な1ポイント獲得で逆転王座近づく。山本、キャシディは3列目スタート【スーパーフォーミュラ第7戦予選】

 10月26日(土)、全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦JAF鈴鹿グランプリの予選が行われ、アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が今シーズン3回目のポールポジションを獲得した。ランキングトップの山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は5番手、2位のニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)は6番手となり、チャンピオン争いはさらに混沌となった。

 第6戦岡山国際サーキット大会に続き、今回も予選Q1はA組とB組の2グループに分けて行われた。気温23度、路面温度は25度というドライコンディションで予選が始まった。


本日のレースクイーン

KINTO
久保田杏奈(くぼたあんな)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング