投稿日: 2019.08.19 13:43
更新日: 2019.08.19 13:49

トヨタ 2019スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ レースレポート


スーパーフォーミュラ | トヨタ 2019スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ レースレポート

2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦もてぎ
平川亮がスーパーフォーミュラ初優勝!
小林可夢偉が2位、ニック・キャシディが3位でランキング首位浮上

 酷暑のツインリンクもてぎでスーパーフォーミュラの第5戦が行われ、金曜日から好調ぶりを見せた平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が最前列2番手スタートから自身スーパーフォーミュラでの初優勝を飾りました。

 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が2位、12番手から追い上げたニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が3位表彰台を獲得し、トヨタ/TRDエンジンが表彰台を独占。キャシディはドライバーズランキング首位に浮上しました。

 スーパーフォーミュラの第5戦が8月17日(土)、18日(日)の両日、栃木県のツインリンクもてぎで開催されました。

 年間全7戦で戦われている今季のスーパーフォーミュラも、今大会を含め残り3戦となりました。新たな『SF19』のデビューシーズンとなった今季、ここまでの4戦はすべて異なる勝者となっており、毎戦全く展開、勝者ともに読めないレースが続いています。

 混戦が続くなか、今大会もてぎは、タイトルの行方を占う上でも重要な1戦となります。雨中のレースとなった前戦富士から約1か月、真夏の酷暑のなかで、ドライバーやメカニックだけでなく、車両やタイヤにも負担の大きい、厳しいコンディションで文字通りの熱戦が繰り広げられました。

予選

 17日(土)は台風一過の猛烈な暑さとなりました。午後2時半、ノックアウト方式の予選が開始される時点では、気温38度、路面温度49度という厳しいコンディション。

 ミディアムタイヤの使用が義務づけられるQ1(20分)は、まずセッション開始と同時に全車コースイン。一旦タイムをマークした後ピットへ戻り、残り7分程から再度のアタックに入りました。

 前日行われた専有走行でトップタイムをマークするなど好調な平川がまずトップタイムをマーク。ほかの車両もタイムを縮めていきますが、平川のタイムには届かず。

 キャシディ、小林、石浦宏明(JMS P.MU / CERUMO・INGING)らが着実に上位タイムをマークしていくなか、セッション終盤に関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が5番手に飛びこんだことで、山下健太(KONDO RACING)が13位へと押し出される形となり、当落ラインの12番手から0.055秒という僅差ながらQ2進出ならず。

 国本雄資(KONDO RACING)が15番手、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)16番手、大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)17番手、アーテム・マルケロフ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)が19番手でQ1敗退となりました。

予選アタックを控える山下健太と国本雄資(KONDO RACING)
予選アタックを控える山下健太と国本雄資(KONDO RACING)

 午後3時ちょうどに開始されたQ2(7分間)は、残り5分半で先陣を切ってコースインした小林が2番手。平川が6番手、石浦が8番手でQ3へ進出。関口は0.072秒及ばず9番手、初めてドライコンディションでQ2進出を果たしたルーキーの坪井翔(JMS P.MU / CERUMO・INGING)が10番手、キャシディが12番手でグリッド確定となりました。

 Q3(7分間)では、平川が最前列2番手グリッドを獲得。石浦が5番手、小林は7番手から決勝レースに臨むこととなりました。

平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

DIREZZA GIRLS
宮島マリーナ(みやじままりーな)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング