2019.07.16

ホンダ 2019スーパーフォーミュラ第4戦富士 レースレポート


スーパーフォーミュラ | ホンダ 2019スーパーフォーミュラ第4戦富士 レースレポート

Round.4
富士スピードウェイ
静岡県 駿東郡

予選:7月13日(土)
決勝:7月14日(日)

アレックス・パロウがポール・トゥ・ウインでスーパーフォーミュラ初優勝

 7月13日(土)~14日(日)、富士スピードウェイ(静岡県)で2019年度全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第4戦が開催されました。

 レースウイーク中は梅雨前線の影響で、不安定なコンディションとなりました。13日午前中のフリー走行はドライコンディションでしたが、午後には雨が降り始め、公式予選はウエットコンディションになりました。予選Q1からドライバーたちは全員レインタイヤで走行、タイムアタックを始めました。

 Q1からQ3までのセッションが行われ、その結果初のポールポジションを獲得したのは、#64アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)でした。パロウはスーパーフォーミュラルーキーで、デビュー4戦目の快挙でした。4番手に#16野尻智紀(TEAM MUGEN)、8番手にQ3でマシントラブルに見舞われタイムアタックができなかった#65牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)が続きました。

予選Q3でトラブルのためアタックができなかった牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)
予選Q3でトラブルのためアタックができなかった牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)

 14日は朝から雨となりました。途中小降りになったものの決勝レーススタート直前には再び雨が強まり、全車がレインタイヤを装着、セーフティカー先導でレースは4周目から始まりました。ポールポジションのパロウはタイミングをうまくつかんで加速。トップの座を守ると、2番手の#39坪井翔(トヨタ)を引き離し始めます。4番手からは野尻がスタートしましたが、4周目に1つ順位を落としました。

アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)
アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)

 雨が徐々に強まるなか、パロウはスパートを続け、後続車との間隔を開け、レースの折り返しでは約8秒の差をつけ独走状態に持ち込みました。雨は降り止まず霧も下りてくるなど、コンディションはさらに悪化します。レインタイヤでスタートしたことでタイヤ交換義務はなくなっていたことから、TCS NAKAJIMA RACINGは、給油を行わずそのままレースを走りきる作戦を選択。パロウに燃料消費を抑えるよう指示を出していました。


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

KCMGエンジェルス
生田ちむ(いくたちむ)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング