投稿日: 2019.05.19 10:48
更新日: 2019.05.19 11:39

赤旗中断3回のなか国本雄資がポールポジション獲得。まともなアタックができないままグリッド決定【スーパーフォーミュラ第2戦予選】


スーパーフォーミュラ | 赤旗中断3回のなか国本雄資がポールポジション獲得。まともなアタックができないままグリッド決定【スーパーフォーミュラ第2戦予選】

 5月19日(日)、2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦オートポリスの予選が行われ、雨でクラッシュやオーバーランなど3度の赤旗中断という荒れたセッションのなか、国本雄資(KONDO RACING)がポールポジションを獲得した。

 今大会の予選は、本来ならば5月18日(土)の午後に予定されていたが、悪天候により土曜の開催がキャンセルに。そのため、日曜日の午前中に予定されていた30分間のフリー走行を10分延長し、8時45分から40分間の予選計時セッションへと変更されて開催されている。

 土曜日の時点では、日曜日はドライコンディションでのセッションが予想されていた。ところが日曜日は朝から雨が振り、予選セッション開始時には風が強く横殴りの雨となり、厳しいウエットコンディションでの予選となった。

 8時45分より予定通りセッションがスタート。気温17度、路面温度17度というコンディションで、各車ウエットタイヤを装着してコースへ入った。雨量によってタイムが大きく変わるので、どのドライバーもまずはできるだけ早くタイムを出しておきたい。

 しかし路面上の雨量は多く、マシンの巻き上げる水煙もかなりの量でグリップも視界も厳しい状況。ウォームアップ走行の段階から、ウエットタイヤの温まりが厳しいのか、マシンの挙動を乱すシーンが見られた。

 セッション開始から約6分、ひととおりウォームアップを終えて、まずは関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分44秒115を記録する直前に、赤旗が提示。第2ヘアピン手前の高速右コーナーで山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)とアーテム・マルケロフ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)の2台がマシンを破損して、コースサイドの芝生の上でマシンを止めた。

 山本は100Rでハイドロプレーニングよりバランスを崩し、コースアウトしてしまったようだが、マルケロフとの接触はなかったようだ。山本のマシンはフロントウイング、左フロントサスペンションを破損し、マルケロフのマシンはリヤウイングがなく、リヤのクラッシャブルストラクチャーが完全に破壊されていることから、かなりの衝撃でガードレースにぶつかったことが推測される。

 この第2ヘアピン手前は前日、ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が飛び出し、牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)が同じくハイドロでスピンしてクラッシュしたのと同じ場所。日曜の予選でも、同一個所でインシデントが連続して発生してしまった形だ。山本、マルケロフの両ドライバーは自力でマシンを降りているが、マルケロフはすぐにメディカルセンターに運ばれることになった。

 両者のマシンを回収するためにセッションは33分50秒を残して赤旗と中断となり、9時12分に再開、残り時間は18分というところからカウントダウンがスタート。

 しかし、残り時間13分を前に、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が3コーナーを過ぎたところでコースアウト。ここでこのセッション2度目の赤旗が掲示された。平川のマシンを回収、4分の中断ののち9時21分に予選が再開され、残りセッション時間は9分。どのドライバーもいちはやくピットロードにマシンを並べて、コースイン。

 たが、今度はアウトラップのターン13でハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark)がコースオフしてしまい、3度目の赤旗中断となった。

 セッション終了予定は9時25分となっていたが、9時30分を迎えたところで、セッションの再開時刻がアナウンスされることなく予選は終了。再開を願ってピットロードに残りのドライバーたちがマシンを並べたがセッション再開、延長はなく、混乱が残ったまま予選を終えることになった。

 ピットロードにマシンを並べたドライバーたちはマシンを降りて、自分たちのガレージまでピットロードを歩いて戻り、メカニックがマシンを手押しで戻すという、チームとドライバー、そして観客の無念さを象徴するようなシーンが見られた。

 最終的に赤旗中断が3回という大荒れの公式予選は、昨年チームタイトルを獲得して1コーナーよりのアドバンテージを活かした国本雄資(KONDO RACING)が1分47秒602でポールポジション、2番手に坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)、3番手はホンダ勢トップの福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)となっている。決勝は同日、14時00分からスタート予定だ。

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス予選
セッション再開を願ってピットロードに並ぶも、無念の赤旗終了。40分間の計時予選のなかで3度の赤旗が提示され、まともな走行ができないままグリッドが決まってしまったスーパーフォーミュラ第2戦オートポリス


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

DIREZZA GIRLS
宮島マリーナ(みやじままりーな)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング