F1ニュース

投稿日: 2015.06.20 00:00
更新日: 2018.02.17 08:48

Q1結果、ライコネン&バトン&ペレス敗退


 2015年F1第8戦オーストリアGPの公式予選Q1は、メルセデスのニコ・ロズベルグがトップタイムを記録した。順位結果は以下のとおりとなっている。

 決勝のグリッドを争う予選Q1の天候は曇り空ながら、直前のFP3に降った雨の影響でコースはハーウウエットの状態でスタート。セッション開始14時(現地時間)時の気温は12度、路面温度は21度を記録した。18分間のQ1では全20台のうち上位15台がQ2へ進出する。

 序盤の各車は雨用のインターミディエイトタイヤで周回をスタートするが、早くもザウバーのフェリペ・ナッセがスーパーソフトを投入するなど、各チームはドライタイヤに履き替えるタイミングを探りながら走行。続けてウイリアムズの2台がソフトタイヤで暫定トップタイムを記録すると、セッション終盤は全車がスーパーソフトでアタックする展開となった。

 ここでトップタイムを記録したのはメルセデスのロズベルグで、2番手にトロロッソのカルロス・サインツJr.、3番手にフェラーリのセバスチャン・ベッテルが続いた。メルセデスのルイス・ハミルトンは13番手。

 一方、下位のノックアウトゾーンでは、一旦ポジションを上げたフェラーリのキミ・ライコネンがチェッカー前にピットに戻ってしまい、その後再びノックアウトゾーンに落ちて18番手でまさかの敗退。一時、セッションのトップタイムを記録したマクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンも17番手、さらにフォース・インディアのセルジオ・ペレスが16番手でノックアウトを喫した。

 マクラーレン・ホンダのもう一台、フェルナンド・アロンソは15番手ギリギリでQ2に進出している。

F1第8戦オーストリアGP 公式予選Q1
Pos.No.DriverTeamTime
16N.ロズベルグメルセデス1'10''976
255C.サインツJr.トロロッソ1'11''158
35S.ベッテルフェラーリ1'11''184
433M.フェルスタッペントロロッソ1'11''307
527N.ヒュルケンベルグFインディア1'11''319
613P.マルドナドロータス1'11''661
78R.グロージャンロータス1'11''821
819F.マッサウイリアムズ1'11''830
977V.ボッタスウイリアムズ1'11''894
103D.リカルドレッドブル1'11''973
1112F.ナッセザウバー1'12''001
1226D.クビアトレッドブル1'12''092
1344L.ハミルトンメルセデス1'12''218
149M.エリクソンザウバー1'12''388
1514F.アロンソマクラーレン1'12''508
1611S.ペレスFインディア1'12''522
1722J.バトンマクラーレン1'12''632
187K.ライコネンフェラーリ1'12''867
1998R.メリマノー1'14''071
2028W.スティーブンスマノー1'15''368

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Arnage Lovely Cats
藤宮あかり(ふじみやあかり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング