F1ニュース

投稿日: 2014.10.31 00:00
更新日: 2018.02.17 03:53

FIA、2チームの欠場を許可。コスト削減の必要性再強調


     FIAはアメリカGPをケータハムとマルシャが欠場すること、これに対してペナルティは科さないことを明らかにした。また、チーム減少を防ぐための対策を行うと表明した。

     F1スポーティングレギュレーションにはチームはカレンダー全戦に出場する義務があると定められている。
     しかし30日、FIAは声明を発表、ケータハムとマルシャがアメリカGPに出場しないこと、これは規則違反であるが、チームの現在の経済状況を考慮しペナルティは科さないことを発表した。

     一方でFIAは、18台に参戦台数が減少したことで、これまでコスト削減導入案を支持してきたFIAの姿勢が正しかったことが証明されたと述べている。

     2015年F1にコスト制限が導入される案があったものの、F1ストラテジーグループのメンバーである代表6チーム(レッドブル、フェラーリ、メルセデス、ウイリアムズ、マクラーレン、ロータス)が反対したため、FIA会長ジャン・トッドはこれを断念した。

     これに小規模チームは怒りの声を上げており、FIAはFチームにコスト制限を課しそれを監視することは難しくても、何らかの方法でコストを削減することは諦めていないと強調していた。


    この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

    F1 News Ranking

    本日のレースクイーン

    Arnage Lovely Cats
    藤宮あかり(ふじみやあかり)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング