F1ニュース

投稿日: 2011.07.30 00:00
更新日: 2018.02.16 03:52

可夢偉はSSタイヤ装着でQ2へ。ブエミがQ1脱落


     F1第11戦ハンガリーGPの予選Q1は、フェラーリのフェルナンド・アロンソがトップタイムをマーク。小林可夢偉(ザウバー)は15番手でQ2に進んだ。

     全24台が参加した予選Q1は、決勝に向けて多くのチームがタイヤを温存する作戦をとり、序盤は上位勢を中心にプライムのソフトタイヤでアタック。そのなかで1分21秒578をマークしたアロンソがトップにつけ、2番手以下にルイス・ハミルトン、セバスチャン・ベッテルとトップ6までを3強の6台が独占。タイムに余裕のあるこの6台は終盤のアタックを回避した。

     一方、1回目の走行で7番手につけたメルセデス以下のマシンは終盤も再びアタックに向かい、フォース・インディアがエイドリアン・スーティル7番手、ポール・ディ・レスタ9番手とQ3進出へ向け好位置を確保。対するザウバー勢はセルジオ・ペレスが12番手、2回目のアタックでスーパーソフトを履いた小林可夢偉は15番手タイムで無事にQ2進出を果たした。

     このQ1では、チーム・ロータス、HRT、ヴァージンの6台とともに、決勝での5グリッド降格が決まっているトロロッソのセバスチャン・ブエミが18番手でノックアウトされた。

    ■ハンガリーGP公式予選のリザルトはこちら

    ■ハンガリーGP公式予選Q3のレポート&リザルトはこちら

    ■ハンガリーGP公式予選Q2のレポート&リザルトはこちら

    F1第11戦ハンガリーGP 公式予選Q1
    PosNoドライバーチームQ1タイム
    15フェルナンド・アロンソフェラーリ1'21"578
    23ルイス・ハミルトンマクラーレン1'21"636
    31セバスチャン・ベッテルレッドブル1'21"740
    44ジェンソン・バトンマクラーレン1'22"038
    56フェリペ・マッサフェラーリ1'22"130
    62マーク・ウエーバーレッドブル1'22"208
    714エイドリアン・スーティルフォース・インディア1'22"237
    87ミハエル・シューマッハーメルセデス1'22"876
    915ポール・ディ・レスタフォース・インディア1'22"976
    108ニコ・ロズベルグメルセデス1'22"996
    119ニック・ハイドフェルドルノー1'23"024
    1217セルジオ・ペレスザウバー1'23"067
    1310ビタリー・ペトロフルノー1'23"070
    1411ルーベンス・バリチェロウイリアムズ1'23"075
    1516小林可夢偉ザウバー1'23"278
    1619ハイミ・アルグエルスアリトロロッソ1'23"285
    1712パストール・マルドナドウイリアムズ1'23"847
    1818セバスチャン・ブエミトロロッソ1'24"070
    1920ヘイキ・コバライネンロータス1'24"362
    2021ヤルノ・トゥルーリロータス1'24"534
    2124ティモ・グロックヴァージン1'26"294
    2223ビタントニオ・リウッツィHRT1'26"323
    2322ダニエル・リカルドHRT1'26"479
    2425ジェローム・ダンブロジオヴァージン1'26"510

    関連のニュース