F1ニュース

投稿日: 2013.04.14 00:00
更新日: 2018.02.16 15:27

可夢偉、予選クラス最下位に「厳しさを実感した」


     小林可夢偉は13日、WEC世界耐久選手権の開幕戦シルバーストン6時間でシリーズ初の予選に臨んだが、彼の乗るAFコルセ71号車はクラス最下位という厳しい結果に終わった。

     雨絡みとはいえ、前日のフリープラクティスではLMGTE Proクラスのトップにつけていた可夢偉とトニ・バイランダーの71号車。しかしこの日の予選では、元ウイリアムズのブルーノ・セナを擁するアストンマーチン(バンテージV8)の97号車にトップを奪われたばかりか、その差も1.2秒と大きく離され、クラス6台中の最下位に沈んでしまった。


     


    F1 News Ranking

    本日のレースクイーン

    NGK
    栗本紗智(くりもとさち)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング