F1ニュース

投稿日: 2012.04.27 00:00
更新日: 2018.02.16 08:41

レッドブル「今シーズンは独走はできない」


     レッドブル・レーシングのチームプリンシパル、クリスチャン・ホーナーは、2012年F1シーズンの残りの16戦ではこれまで同様に予測できないことが起こるだろうと述べ、昨年のように独走することはできないと示唆した。

     今季のマシンにてこずっていたセバスチャン・ベッテルがバーレーンGPで今季初優勝を挙げ、序盤4戦で4チームが優勝を分け合う結果となった。

     4戦終了時点でドライバーズ、コンストラクターズ両選手権のトップに立ったレッドブルだが、ホーナーは、今季は誰かひとりが独走することはないと考えている。
    「今年はアップダウンのあるシーズンになるだろう」とホーナー。
    「勝てないレースでは最大限の結果を安定して出していくことが重要になる。勝てるレースでは絶対に結果を出さなければならない」
    「今シーズンの残り16戦では、もっと大きな変動があるだろう。中国GPの1週間後のバーレーンでこういうパフォーマンスを発揮できるなんて、とても予想できないことだ」

     ホーナーは、ランキング首位に立てたのは、安定してポイントを重ねてきた結果だと述べている。
    「序盤4戦、我々は安定してポイントを稼ぐことができた。マーク(・ウエーバー)は4位を4回獲得した。(ベッテルは)2位、1位、5位、11位だ」
    「それによってフライアウェイの後、我々はドライバーとコンストラクターズ選手権でトップに立つことができた。序盤の時点では予想していなかったことだ」


    F1 News Ranking

    本日のレースクイーン

    BUSOU
    久保エイミー(くぼえいみー)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング