F1ニュース

投稿日: 2015.04.22 00:00
更新日: 2018.02.17 07:33

メカUPDATE:マクラーレンの新リヤウイング


 マクラーレンがバーレーンGPに持ち込んだのは、ふたつめの新しいフロアだけではない。リヤウイングも新しいバージョンを持ち込んでいた。

 今季マクラーレンは昨年ドイツGPで投入したメインフラップの上端とアッパーフラップの下端が波型のエッジを採用。開幕戦から第3戦中国GPまで、同様のリヤウイングを使用してきた。

 ところがバーレーンGPでは従来のリヤウイングとともに、フラップのエッジがフラットなオーソドックスな形の新リヤウイングを持ち込み、フリー走行でテストしていた。果たして最終的にマクラーレンが採用したのは、新しいリヤウイングだった。その理由をマクラーレンのエンジニアは「新しいもののほうが効率が良いから」だと説明した。

 バーレーンGPは燃費が厳しいサーキットのひとつで、エアロダイナミクスはダウンフォースの大きさだけでなく、ドラッグ(空気抵抗)を考慮した効率の良さが一層、重要となる。レース終盤に燃費の心配がなくなったアロンソが、パワーベストの設定でザウバーの追撃をしのぐことができたのも、こうしたマクラーレン側の努力があったからだということを忘れてはならない。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

NGK
栗本紗智(くりもとさち)

F1 Photo Ranking

フォトランキング