F1ニュース

投稿日: 2015.01.30 00:00
更新日: 2018.02.17 05:39

ベッテル「2位は無意味。困難でも勝利を目指す」


 2015年にフェラーリに加入したセバスチャン・ベッテルは、今シーズンが楽な戦いにならないと予想しながらも、勝利を目指すと語った。

 レッドブル・レーシングで2010年から4年連続で王座に就いたベッテルは、今年フェルナンド・アロンソに代わる形でフェラーリに移籍、新たなチャレンジに立ち向かう。

 フェラーリは2014年、アロンソが表彰台を2回獲得したのみで1勝も挙げることができず、ランキング4位に沈んだ。チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネは、立て直しには時間がかかると認める一方で、今年は少なくとも2回優勝することを目指すと述べている。

 ベッテルも現実的な考えを示しつつも、アリバベーネが掲げた目標をクリアするつもりだと語った。

「そうなれば(アリバベーネの言うとおり2勝を達成できれば)嬉しいね。でももっと勝てればもちろんもっと嬉しい」とベッテルは、2015年型マシンSF15-Tの発表の際に述べている。

「ただ、現実的に物事を考える必要がある。冬の間にたくさんの変化が起こる。一番大切なのは冬のテストですぐ波に乗って、そこから進歩していくことだ」

「去年と同じ状況なら優勝争いをするのはかなり難しいだろう。でも僕らは勝つことを目指す。2位でフィニッシュするためにここにいるわけではないのだから」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

バンテリンレースクィーン
木村理恵(きむらりえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング