F1ニュース

投稿日: 2009.09.29 00:00
更新日: 2018.02.15 15:32

ベッテル「鈴鹿での初レースが楽しみ」


 レッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルが、鈴鹿サーキットでの初めてのレースを前に、“世界で一番のコース”でレースをするのが楽しみだと語った。

 ベッテルは、サードドライバーの時代に鈴鹿を走ったことはあるが、決勝に出場するのは今年の日本GPが初めてとなる。
「鈴鹿は世界で一番のサーキットだ」とベッテルは言う。
「僕は2006年日本GPの金曜フリー走行で2時間走った。最初の1時間はウエットで、僕はコースを知らなかったからすごく怖かったよ。高速コーナーがたくさんあって、一番難しいコースのひとつだから、あそこでレースをするのが楽しみだ。楽しいと思うし、このコースは僕らのマシンに合っているはずだからね」
「僕は日本の文化も日本の人たちも好きなんだ。去年は富士山に登ったし、東京にも行った。食べ物はすごくおいしいけど、全部おいしいというわけではないね! あそこはすべてが統制がとれていて、きちんとしているから、好きだよ」

 一方、チームメイトのマーク・ウエーバーは、鈴鹿で過去に4位の結果を出したことがある。
「あそこでの僕のベストリザルトは2005年ウイリアムズ時代に記録した4位だ」とウエーバー。
「その次の年で、鈴鹿での開催はいったん終わった。とてもいいレースで、後方からライコネンとアロンソが飛び出してきた。最終ラップでキミがトップに立ち、僕はレース中盤にフェルナンドといいバトルをした」
「本当に素晴らしいサーキットだ。テレビで鈴鹿8耐を見たこともあるよ。オーストラリア出身のライダーが大勢出ていた。観客は、知識があり情熱的で、イタリアのファンとすごく似ているけれど、日本の人たちはすごく控えめでもあるんだ。遊園地を通ってコースに歩いて行く時、鈴鹿には特別な何かがあると、すごく感じるよ」


関連のニュース

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

マツモトキヨシレースクィーン
成沢紫音(なるさわしおん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング