F1ニュース

投稿日: 2014.03.02 00:00
更新日: 2018.02.16 22:01

ベッテル、0周に驚く「まだ改善が見られないとは…」


 バーレーンでのシーズン前最後のF1合同テスト3日目、セバスチャン・ベッテルがレッドブルRB10・ルノーの走行に臨んだが、1周も走り切ることができずに終わった。

 前日はダニエル・リカルドがここまでで最長の20周のロングランもこなし、3番手タイムを出し、ポジティブな一日を過ごしたが、ベッテルが登場した1日には、再びレッドブルはトラブルに苦しむことになってしまった。

 午前中、インスタレーションラップを走り切る前に電気系トラブルが発生、ベッテルはマシンをコース上で止めざるを得なかった。

 チームはスクリーンを立ててガレージを隠す形でマシンを修復。ランチタイム前にベッテルはコースに復帰しようとしたが、ピットレーン出口で再びマシンが止まってしまい、その後、マシンが再び走ることはなかった。
 トラブルの影響でマシンにダメージがあったため、この日のうちにコースに復帰することはできなかったと、チームは説明している。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Arnage Lovely Cats
藤宮あかり(ふじみやあかり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング