F1ニュース

投稿日: 2013.04.25 00:00
更新日: 2018.02.16 15:41

ヒュルケンベルグ「ザウバーはトップ10常連になる」


     ニコ・ヒュルケンベルグが、ザウバーの今季マシンにはポテンシャルがあり、毎戦入賞できる状態まで持っていくことができると語った。

     今年のザウバーは昨年ほどの力を見せておらず、バーレーンGP終了後時点で5ポイント獲得でランキング8位に位置している。
     一方、ヒュルケンベルグが昨年所属したフォース・インディアは好調で、バーレーンGPではポール・ディ・レスタが表彰台争いに加わっている。

     しかしヒュルケンベルグは中国GPでリードラップを記録したことはいい兆候であり、今後クルマをもっと改善していくことができると語った。

    「グランプリでレースをリードするのは気持ちがいい。いい仕事をしてきた証しだからね。間違いなくいい兆候だ」とヒュルケンベルグ。
    「このマシンにはポテンシャルがある。トップ10に入れるクルマだ。開発を進めていけば、常にポイントを取れるクルマに仕上げることができる。間違いないよ」
    「ポテンシャルを引き出すのは僕らの仕事だ。マシン開発はまだまだこれからだ」

    「優勝を目指している。そうはいっても、毎戦勝てることを期待してここに来たわけではない。それは現実的とはいえない」
    「今年の一番の目標はクルマを改善し、毎週末ポイント圏内に入れるようにすることだ」
    「その後、何ができるか、見ていこう」


    この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

    F1 News Ranking

    本日のレースクイーン

    Manepa JLOC Belladonna
    小川舞(おがわまい)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング