F1ニュース

投稿日: 2013.06.29 00:00
更新日: 2018.02.16 16:58

コースレコードを塗り替えハミルトンがポール奪取


 F1第8戦イギリスGPは、現地時間29日13時から公式予選が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがコースレコードを更新するタイムを記録してキャリア28度目のポールポジションを獲得した。

 典型的な“ブリティッシュウェザー”となった初日とは打って変わり、終始ドライコンディションで予選セッションは行われた。

 ポールポジションを争うQ3には、レッドブル、メルセデス、ロータスの2台とフェルナンド・アロンソに加え、フリー走行から速さを見せていたフォース・インディアの2台と、トロロッソのダニエル・リカルドも進出。一方、マクラーレンの2台は母国でのQ3進出を果たせず、フェラーリのフェリペ・マッサもQ2敗退を喫した。

 ポールポジション争いは各マシンの最後のアタックに委ねられる形となった。まずはマーク・ウエーバーが各セクターを好タイムで駆け抜け、1分30秒220で2番手につけると、僚友セバスチャン・ベッテルが30秒211と刻んでそれを上回る。

F1第8戦イギリスGP 公式予選Q3
Pos.No.DriverTeamTime
110L.ハミルトンメルセデス 1'29''607
29N.ロズベルグメルセデス 1'30''059
31S.ベッテルレッドブル 1'30''211
42M.ウエーバーレッドブル 1'30''220
514P.ディ・レスタFインディア 1'30''736
619D.リカルドトロロッソ 1'30''757
715A.スーティルFインディア 1'30''908
88R.グロージャンロータス 1'30''955
97K.ライコネンロータス 1'30''962
103F.アロンソフェラーリ 1'30''979

関連のニュース