F1ニュース

投稿日: 2013.12.25 00:00
更新日: 2018.02.16 20:53

「来季は小チームがあり得ないような結果を出せる」


     2014年に向けてフォース・インディアからザウバーに移籍することを決めたエイドリアン・スーティルは、来年F1レギュレーションが大きく変わることで、特に序盤数戦には小規模チームに大きなチャンスがめぐってくるかもしれないと語った。

     新たなエンジン規則が導入され、2014年F1テクニカルレギュレーションは大きく変化する。これによってチーム間の序列に驚くような変化が見られるとスーティルは考えている。

    「2014年は今までとは違うシーズンになる。新しいエンジン、全く異なるタイヤが導入され、マシンのドライビングの仕方が変わるだろう」とスーティルはザウバーによるビデオインタビューにおいて語っている。

    「F1に新しい時代が訪れる。ドライバーにとって、F1に変化が起こり、新しい要素に直面するのは興味深いことであり、絶対に退屈することはない」
    「序盤数戦は、うまくやらないとしくじる可能性がある」
    「最初の数戦は、小規模チームにとってはいつもなら考えられないようないい結果を出す大きなチャンスになると思う」
    「どうなるか分からないが、表彰台も可能かもしれない」

     スーティルは、チーム間の序列が変化するのはF1にとっていいことだと述べた。
    「今は、上位にはいつものチームが並び、他のチームはその後ろに続いている。序列がしっかり定まっている」
    「でも規則の変更は、また序列を変えるといういい影響をおよぼすと思う。(上位)チームの顔ぶれに変化が起こり、いくつかのチームは脱落するだろう」
    「楽しみだよ。すごく面白いことになりそうだ」


    この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

    F1 News Ranking

    本日のレースクイーン

    レーシングミクサポーターズ2019
    月愛きらら(かぐあきらら)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング