海外レース他 ニュース

投稿日: 2020.01.17 06:48
更新日: 2020.01.16 20:49

オーストラリアスーパーカー王者がインディカーをテストドライブ「首がねじ切れそう」


海外レース他 | オーストラリアスーパーカー王者がインディカーをテストドライブ「首がねじ切れそう」

 2018年にフォード・ファルコンFG-Xで、2019年は新型マスタングでVASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカー連覇を果たしたスコット・マクローリンが、アメリカに上陸。フロリダ州セブリングで開催されたインディカーの新人評価テストに参加し、チーム・ペンスキーのマシンをドライブした。

 オーストラリア大陸ではDJRチーム・ペンスキーのエースとして活躍し、2年連続でVASCシリーズチャンピオンに輝いた26歳のマクローリンは、タイトル獲得のご褒美という意味合いも兼ねて、チーム・ペンスキーのシングルシーター初体験の機会を獲得。

 北米最速フォーミュラを操るチームのレギュラー、ウィル・パワー、シモン・パジェノー、ジョセフ・ニューガーデンらが見守るなかで本格的フォーミュラ初走行に臨み、興奮のひとときを過ごした。

「とにかく非現実的で、このクルマはまさに“野獣”だね。それらは全部、僕がつねに夢見ていたもので、ここへ来てシートに座ることを許し、ドライブする機会を与えてくれたロジャー(・ペンスキー代表)とチーム全員に感謝したい」と、初体験の喜びを語ったマクローリン。

「初走行ではあったけど、今日は141周ものラップをこなすことができた。今は首がメチャメチャ痛くてねじ切れそうなほどだよ(笑)。でも、最後まで死力を尽くしてロングランを敢行し、マシンに関するすべての感触を得ることができたと思う」

「全開アタック領域に踏み込んだ予選シミュレーション、レースペースの確認、ロングランでのドロップ、燃費走行と消費量の相関、そしてピットアウトを含めた作業確認など、本当にクールな出来事の連続だったよ」

今季からVASCに投入された新型フォード・マスタング・スーパーカーで、年間18勝の圧倒的強さを発揮した
初のインディカーながら、いきなり141周を走破。予選アタックやロングランなど充実のメニューをこなした


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

エンパイヤ自動車
佐久間夏紀(さくまなつき)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング