海外レース他 ニュース

投稿日: 2020.01.14 16:56

英国ツーリングカー:シビックで3勝挙げたジョシュ・クック、2020年もホンダ車をドライブ


海外レース他 | 英国ツーリングカー:シビックで3勝挙げたジョシュ・クック、2020年もホンダ車をドライブ

 昨シーズンのBTCCイギリス・ツーリングカー選手権でFK8型ホンダ・シビック・タイプRをドライブして3勝を挙げ、キャリア通算5勝をマークしている28歳のジョシュ・クックが2020年もBTCレーシングに残留することを発表。自身初のドライバーズチャンピオンに挑むこととなった。またシリーズを運営するTOCAは、2022年以降のBTCC共通エンジン供給に向けた新サプライヤー入札を開始している。

 2015年にBTCCデビューを飾りながら、毎シーズンのようにチーム移籍を繰り返してきたクックは、2018年にファクトリー支援を受け参戦したボクスホール・アストラBTCC(パワー・マックスド・レーシング)でシリーズ初優勝を飾ると、デビューイヤーのマシンで年間2勝を挙げる活躍を演じて見せた。

 その実績を買われ、2019年からホンダ・シビック・タイプRの新型モデルへとスイッチしたBTCレーシングと開幕直前に契約をかわすと、そのオープニングラウンドとなったブランズハッチのレース1で見事に移籍後初勝利を飾っている。

 その後も、2度のスラクストン戦でそれぞれ勝利を挙げ年間3勝、ドライバーズランキング総合4位でシーズンを締めくくった。

 2020年はクックにとって初めてのチーム残留により、2年連続同一チームからの参戦となり、このBTCCキャリア初の境遇が「トラック上での競争力を維持する大いなる鍵になるだろう」と期待を語っている。

「この厳しいチャンピオンシップで強力な立場をキープするには、継続性がとても重要であることを学んだんだ」

「残念ながら、ここまで同じチームと同じマシンで2年目のシーズンを戦う機会は一度もなかった。でもそれこそが、パズルの重要なピースになると考えている」

「昨年もBTCレーシングとの契約締結が開幕直前にずれ込んだこともあり、充分なテスト機会もないまま(開幕戦)ブランズハッチを迎えた。それでも幸運なことに、レース1で勝利することができた。でも週末にならなくてはマシンの改善が進められない、という状況ではなく、ステップを踏んで物事を解決していく必要があるんだ」

2019年ランク4位の実績を得たジョシュ・クックだが、わずかな差でインディペンデント・タイトルをロリー・ブッチャーに譲っている
ニール・ブラウン製のファクトリーEgを搭載するチーム・ダイナミクスとは異なり、BTC RacingはTOCA共通エンジンを採用する


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

NGK
栗本紗智(くりもとさち)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング