F1 ニュース

投稿日: 2020.01.19 07:35
更新日: 2020.01.18 14:04

多忙を極めるメルセデスF1代表、自己管理のカギは睡眠とマインドフルネス瞑想


F1 | 多忙を極めるメルセデスF1代表、自己管理のカギは睡眠とマインドフルネス瞑想

 トト・ウォルフは、メルセデスF1チーム代表として多くの仕事と責任を抱えている。47歳の彼には、ファクトリーやサーキットで何時間でも過ごす体力があるが、その生活を支えているのは、十分な睡眠だという。睡眠は良い仕事をするために極めて重要なものだとウォルフは考えている。

「睡眠は回復のために最も重要なものだ」とウォルフは『Grand Prix Plus』に語った。
「私は厳格な習慣に従って生活している。たとえば、最低8時間の睡眠をとっている。難しいことではない。規律を守ればいいだけのことだ」


F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

NGK
栗本紗智(くりもとさち)

F1 Photo Ranking

フォトランキング