F1 ニュース

投稿日: 2019.12.25 16:59

ハースF1代表、2019年シーズンは期待外れに終わるも「決してドライバーのせいにはできない」と主張


F1 | ハースF1代表、2019年シーズンは期待外れに終わるも「決してドライバーのせいにはできない」と主張

 ハースF1チームのチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、不振だった2019年シーズンに関する責任はロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのふたりにはないとしている。

 2019年シーズンの開幕前には中団争いをリードする大本命チームだったハースだが、残念ながらチームにとっておなじみの問題となってしまった2019年型マシン『VF-19』の慢性的な空力とタイヤの問題にドライバーは奮闘し、最初から苦戦を強いられた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Tom’s
木村理恵(きむらりえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング