F1 ニュース

投稿日: 2019.11.19 14:18
更新日: 2019.11.19 14:19

レッドブル代表優勝インタビュー:「我々はメルセデスとチェスをしているようなものだった」/F1ブラジルGP


F1 | レッドブル代表優勝インタビュー:「我々はメルセデスとチェスをしているようなものだった」/F1ブラジルGP

 2019年F1第20戦ブラジルGP決勝では、メルセデスの一手先をゆく戦略でマックス・フェルスタッペンが見事な勝利を飾った。勝負の決め手となった1回目のセーフティカー導入時の戦略についてレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表が解説した。
———————————

レッドブル代表クリスチャン・ホーナー
レッドブル代表クリスチャン・ホーナー

──シーズン3勝目、おめでとうございます。今回の勝因は何ですか。
ホーナー代表:
ホンダの競争力があるパワーユニット(PU/エンジン)を用意してくれ、チームがそのパワーを出し切るようクルマを仕上げ、そしてマックス(・フェルスタッペン)が素晴らしいドライビングで、われわれの期待に見事に応えてくれた。みんな努力の賜物だ。

──1回目のセーフティカー導入の際、トップにいながら、ピットインしました。あそこが、このレースの勝敗を分けた重要なポイントだったと思います。判断はどのようにした下されたのですか。
ホーナー:
確かにそうだ。あそこがポイントだった。あのとき、マックスは首位にいた。新品タイヤを履かせるためにマックスをピットに呼べば、2番手にいたルイス(・ハミルトン)にトップの座を明け渡すことになる。残りはまだ15周以上ある。どうすべきか、判断をハンナ(・シュミッツ/レースストラテジスト/シュミッツ)に委ねることにした。

──なぜ、入れたのでしょう? 2番手に下がっても、ハミルトンを逆転できる自信はあったのか。また、メルセデスがハミルトンをピットインさせなかったことに驚きはなかったですか?
ホーナー:
驚きはなかった。なぜなら、彼らがわれわれと異なる戦略をしてくることはわかっていた。あのとき、われわれはメルセデスと、チェスをしているようなモノだった。相手と同じ戦略では勝てない。どちらの戦略を採るかは、先手に決める権限がある。あのとき、われわれは先頭を走っていた。だから、優先権はわれわれにあった。2番手を走るドライバーは、われわれと逆のことしかできない。

──つまり、レッドブルは先頭というポジションを守ることよりも、メルセデスが自分たちと逆の選択を行うことを承知したうえで、メルセデスにピットインさせず、ミディアムタイヤでレースを続行させるという罠を仕掛けるために、あえてフェルスタッペンをピットインさせた、と?
ホーナー:
その通りだ。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

CABANA/TbyTwo
藤宮あかり(ふじみやあかり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング