F1 ニュース

投稿日: 2019.10.21 13:43
更新日: 2019.10.21 14:43

F1 Topic:日本GPで不問に処されたベッテルの“ジャンプスタート疑惑”。前戦ロシアでペナルティを受けたライコネンとの違い


F1 | F1 Topic:日本GPで不問に処されたベッテルの“ジャンプスタート疑惑”。前戦ロシアでペナルティを受けたライコネンとの違い

 2019年のF1第17戦日本GPでは、レース周回数が本来の53周ではなく、1周前の52周終了時にシステム上でチェッカーが出されるという混乱があった。しかし、それ以外にも、疑問に感じるケースがいくつかあった。

 そのうちのひとつが、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のスタートについてだ。車載カメラでは、スタートの合図となるブラックアウト(レッドランプ消灯)の直前に、ベッテルのマシンがわずかに動いていた。もし、ベッテルのスタートがジャンプスタート(フライング)だったら、1戦前のロシアGPでキミ・ライコネン(アルファロメオ)が受けたように、ドライブスルーペナルティが科されるはずだった。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Manepa JLOC Belladonna
小川舞(おがわまい)

F1 Photo Ranking

フォトランキング