F1 ニュース

投稿日: 2019.10.13 16:27
更新日: 2019.10.13 17:24

F1日本GP鈴鹿決勝:ボッタス、コンストラクターズ6連覇を決める今季3勝目。フェルスタッペンは悔しい1周目の接触


F1 | F1日本GP鈴鹿決勝:ボッタス、コンストラクターズ6連覇を決める今季3勝目。フェルスタッペンは悔しい1周目の接触

 10月13日午後2時10分、日本GP決勝が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスが優勝を飾った。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはリタイア、アレクサンダー・アルボンは4位入賞を果たしている。

 朝から引き続き好天に恵まれ、気温は22度、路面温度は36度。予選から僅か3時間後のスタートだが、Q1でクラッシュした2台は決勝出走が認められたもののロバート・クビサ(ウイリアムズ)はモノコック交換によりピットレーンスタートとなり、ケビン・マグヌッセン(ハース)は最後尾グリッドスタートとなった。スタートタイヤはソフトが中心で、アルファロメオ勢以外ではグリッド後方のダニエル・リカルド(ルノー)、マグヌッセン、ウイリアムズ勢だけがミディアムタイヤをチョイスした。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Manepa JLOC Belladonna
小川舞(おがわまい)

F1 Photo Ranking

フォトランキング