F1 ニュース

投稿日: 2019.09.21 20:10
更新日: 2019.09.21 20:21

ルクレールがトップタイム。レッドブル・ホンダは5、6番手【タイム結果】F1第15戦シンガポールGPフリー走行3回目


F1 | ルクレールがトップタイム。レッドブル・ホンダは5、6番手【タイム結果】F1第15戦シンガポールGPフリー走行3回目

 2019年F1第15戦シンガポールGP土曜のフリー走行3回目はフェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは6番手、アレクサンダー・アルボンは5番手に入っている。

 現地時間18時に始まったFP3は、気温31℃、路面温度40℃、湿度57%のドライコンディションでスタート。

 インスタレーションラップ後の序盤は、メルセデス勢のルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスは積極的に周回を重ねていく。

 20分経過し、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトがコースインするも、リヤから煙を出して緊急ピットイン。ガレージではメカニックたちが慌ただしく動いており、予選に向けて心配になるトラブルだ。

 現状のトップはフェラーリのシャルル・ルクレールが1分39秒364、2番手ハミルトン、3番手ベッテル、4番手ボッタス。フェルスタッペンはまだタイムを出していない。

 セッション中盤に、レーシングポイントのセルジオ・ペレスがターン21でウォールに接触、右リヤのタイヤがパンクし、ピットへ戻っていく。その際にホイールリムがコース上に落ちてしまい、デブリ除去のためバーチャルセーフティカー(VSC)が導入。しかし、VSCでは細かい破片を取り切れず赤旗が提示された。

 残り20分というところで赤旗が解除されセッション再開。さっそくアタックを開始したボッタスがルクレールのタイムを塗り替えトップ。フェルスタッペンは3番手に浮上。しかし、新品のソフトタイヤを履いたルクレールがすぐさまタイムを更新、1分38秒192でトップへ。

 メルセデス勢はハミルトンがアタックしようとアウトラップ走行中にスピン。ハミルトンは無事コースに復帰して走行を続続けたものの、スピンの影響でトラフィックに引っかかってしまい2番手タイム。

 フェルスタッペンも、トラフィックに阻まれタイム更新できず。トップはルクレールのまま変わらずセッション終了となった。

■F1第15戦シンガポールGP フリー走行3回目 リザルト

PosNo.DriverTeamTimeLaps
116C.ルクレールフェラーリ1’38.19215
244L.ハミルトンメルセデス1’38.39915
35S.ベッテルフェラーリ1’38.81113
477V.ボッタスメルセデス1’38.88516
523A.アルボンレッドブル・ホンダ1’39.25814
633M.フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’39.3669
755C.サインツJr.マクラーレン1’39.50714
84L.ノリスマクラーレン1’39.70913
927N.ヒュルケンベルグルノー1’40.11815
103D.リカルドルノー1’40.15312
1118L.ストロールレーシングポイント1’40.20911
1210P.ガスリートロロッソ・ホンダ1’40.33915
137K.ライコネンアルファロメオ1’40.95316
1411S.ペレスレーシングポイント1’40.9854
1563G.ラッセルウイリアムズ1’41.15613
1699A.ジョビナッツィアルファロメオ1’41.16914
1720K.マグヌッセンハース1’41.49412
188R.グロージャンハース1’41.54212
1988R.クビサウイリアムズ1’41.95413
2026D.クビアトトロロッソ・ホンダNo Time3

 


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング