F1 ニュース

投稿日: 2019.09.20 11:31
更新日: 2019.09.20 11:33

ハースF1がヒュルケンベルグでなくグロージャンを選んだ理由「車に苦しんでいる今、ドライバー変更はリスクになるとの判断」


F1 | ハースF1がヒュルケンベルグでなくグロージャンを選んだ理由「車に苦しんでいる今、ドライバー変更はリスクになるとの判断」

 ハースF1チームの代表ギュンター・シュタイナーは、2020年のレギュラードライバーとして、ニコ・ヒュルケンベルグを選ばずロマン・グロージャンを残留させると決めた理由として、2019年マシンVF-19の問題を解決して2020年に改善を図るためには、ドライバーラインアップを変更しない方がいいと考えたと語った。

 ケビン・マグヌッセンは来季契約を有していたが、グロージャンはハースから放出される可能性が高いと考えられていた。後任候補として、今季末でルノーを離れることが決まっているヒュルケンベルグが有力であると予想されてきたが、F1シンガポールGPを前にした木曜、チームは2020年ドライバーラインアップとして、マグヌッセンとグロージャンのペアを継続することを正式に発表した。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ2019
宮越愛恵(みやこしまなえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング