F1 ニュース

投稿日: 2019.08.31 23:35
更新日: 2019.09.01 00:21

F1第13戦ベルギーGP予選:復活の跳ね馬、バーレーンGP以来のフロントロウ奪取。Q1では新スペックPU搭載の2台がブローする波乱


F1 | F1第13戦ベルギーGP予選:復活の跳ね馬、バーレーンGP以来のフロントロウ奪取。Q1では新スペックPU搭載の2台がブローする波乱

 8月31日、2019年F1第13戦ベルギーGPに行われた予選でフェラーリのシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは5番手、アレクサンダー・アルボンは14番手となっている。

 土曜日の予選では、気温がどんどん上昇して29度、路面温度も41度とこの時期のスパ・フランコルシャンとしては珍しい暑さとなった。

 午前中のフリー走行3回目でクラッシュしたルイス・ハミルトン(メルセデス)はモノコックはそのままにフロントサスペンションやノーズなどを交換して修復し予選に間に合わせた。

2019年F1第13戦ベルギーGP FP3のクラッシュから予選に間に合ったルイス・ハミルトン
2019年F1第13戦ベルギーGP FP3のクラッシュから予選に間に合ったルイス・ハミルトン

 予選Q1では路面の改善を待って多くのマシンがすぐにはコースインせず、ウイリアムズ勢、アルファロメオ勢からアタックを開始していく。ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)はダッシュボードの表示に異常があり一度ピットに戻って修復する。

 4分が経過したところで各車が続々とコースインしてアタックを開始。しかしその1分後、アタック中のロバート・クビサのエンジンが激しくブローアップし大きく白煙を上げてブランシモンでストップし、Q1は12分59秒を残して赤旗が提示された。メルセデスAMG製パワーユニット(PU/エンジン)にとっては金曜のセルジオ・ペレス(レーシングポイント)に続き新スペックICEのトラブルとなった。

 3時15分にセッション再開。まだタイムを記録しているドライバーはおらず、1周に2分近い時間が掛かることもあって、セッション再開の1分前から各車がピット出口に並んでアタックに出ていった。フェラーリ勢だけがやや間隔を置いてコースインする。

 セッション中断中にFIA技術委員がガレージに来てノーズをチェックする場面があり不穏な空気が漂ったルクレールだが、ここで僚友セバスチャン・ベッテルに0.522秒差を付けて1分43秒587でトップに立つ。ハミルトンは無難に1.673秒差の4番手につけた。

 一方、アタックラップのセクター3に入ったところでマックス・フェルスタッペンが「トラブル、トラブルだ!」とスローダウンし、ノータイムのままピットに戻る。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
松田麻緒(まつだまお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング