F1 ニュース

投稿日: 2019.08.12 13:09

ホンダとの二人三脚で持ち帰った3位表彰台。ドイツとハンガリーの2連戦で示したチームの底力/トロロッソ・ホンダF1コラム


F1 | ホンダとの二人三脚で持ち帰った3位表彰台。ドイツとハンガリーの2連戦で示したチームの底力/トロロッソ・ホンダF1コラム

 F1第11戦ドイツGPのホッケンハイムで11年ぶりの表彰台に立ったトロロッソ・ホンダがシーズン前半戦最後の2連戦で示したのは、トロロッソはもうこれまでのトロロッソではないということだ。

「今週は金曜が驚異的な暑さになるから、タイヤを保たせるためにはメカニカル面のセットアップを変えて、それにマシンを合わせ込まなければならない。それと同時に、土日には雨の予報もあるからその準備も必要だ。空力アップグレードパーツの評価もしなければならない。金曜フリー走行はとてつもなく忙しくなるよ」

 ドイツGPの週末を前に、チーフレースエンジニアのジョナサン・エドルスはそう言って忙しそうにしていた。

 その準備作業が功を奏し、決勝では抜群の速さを見せた。

 そしてチームとしてもアグレッシブな戦略で2周目にインターミディエイトタイヤに交換してまずアレクサンダー・アルボンを上位に押し上げ、レース中盤のセーフティカー導入中にダニール・クビアトをドライタイヤに交換することで2番手に押し上げた。

 ドライバーとのコミュニケーションによる戦略判断がピタリとハマった。これは昨年までのトロロッソには見られなかった大きな成長だ。

「チームは常に進歩しているし、正しい時に正しい決断を下すことができた。それは今日のようなレース展開の中では決して簡単なことではないが、チームとドライバーのフィードバックが素晴らしかった。天気予報も全く正確ではなかったし、常に小雨が降り続いているような状況だった。その小雨が強くなれば路面上の水量が多くなってドライタイヤで走るのは難しくなる。しかし我々は『このギャンブルに賭けてみよう』と決断しそれに勝ったんだ」(フランツ・トスト代表)

2019年F1第11戦ドイツGPで3位表彰台を獲得したダニール・クビアト
2019年F1第11戦ドイツGPで3位表彰台を獲得したダニール・クビアト


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

DIREZZA GIRLS
宮島マリーナ(みやじままりーな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング