F1 ニュース

投稿日: 2019.06.21 19:49
更新日: 2019.09.03 17:10

F1フランスGP FP1:メルセデスが1-2発進。スペック3投入のレッドブル・ホンダはタイヤのグリップ不足に苦戦


F1 | F1フランスGP FP1:メルセデスが1-2発進。スペック3投入のレッドブル・ホンダはタイヤのグリップ不足に苦戦

 2019年F1第8戦フランスGPフリー走行1回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4番手、ピエール・ガスリーは6番手タイムをマークしている。

 10年ぶりに再開された2018年のフランスGPは真夏の炎暑に見舞われたが、今年も初日からかなり暑い。FP1の始まる午前11時の時点で気温25℃、路面温度43℃。週末を通じて、快晴が続くという予報だ。ウイリアムズはジョージ・ラッセルに代えて、リザーブドライバーのニコラス・ラティフィを走らせた。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング