F1 ニュース

投稿日: 2019.05.26 15:15
更新日: 2019.05.26 15:16

ミス連発のベッテルは4番手「朝のクラッシュと予選での苦戦は無関係」:フェラーリ F1モナコGP土曜


F1 | ミス連発のベッテルは4番手「朝のクラッシュと予選での苦戦は無関係」:フェラーリ F1モナコGP土曜

 2019年F1モナコGPの土曜予選で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは4番手だった。

 ベッテルはFP3でサン・デボーテのバリアにクラッシュ、7周しか走行せずにセッションを終えた。予選には無事に出場できたが、Q1最初のランでウォールに接触。Q1落ちの恐れが高まるなか、1周のみのチャンスを生かしてトップタイムをマークし、Q2に進出した。

 Q2を4番手で通過した後、Q3最後のアタックラップでベッテルは再びウォールに接触。結局、最初のランでマークした1分10秒947が予選タイムとなり、メルセデス2台とレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの後方で予選を終える結果になった。

2019年F1第6戦モナコGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2019年F1第6戦モナコGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
セバスチャン・ベッテル 予選=4番手
 チーム全体にとって困難な一日だった。FP3ではバリアに衝突して終わったが、チームが懸命な作業でマシンを修復し、僕を予選に送り出してくれた。

 残念ながらQ1ではタイヤをうまく機能させることができずに苦労し、そのために1セット多くタイヤを使わなければならなかった。僕は通過できたが、シャルル(・ルクレール)は落ちてしまった。彼は十分残れるタイムを出していたはずだが、15番手まで落ちていた。

 不運だけれどもモナコではこういったことも起こり得る。マージンがなければリスクを取るしかないし、常に思いどおりに進むわけでもない。

 予選では僕らには望んでいたほどの競争力がなかったが、レースはまた別の話だし、モナコでは何が起きてもおかしくない。

(FP3でのクラッシュが予選のパフォーマンスに影響し、ミスにつながったかと聞かれ)午前中のことは全く関係ない。もちろん、最初の2ラップはリズムを取り戻すために使う必要があったけれど、ここでは何度も走っているから問題はない。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
橘香恋(たちばなかれん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング