F1 ニュース

2018.09.14

ウイリアムズFW07Bなど計6台。『SUZUKA Sound of ENGINE 2018』のヒストリックF1出場車第4弾が発表


F1 | ウイリアムズFW07Bなど計6台。『SUZUKA Sound of ENGINE 2018』のヒストリックF1出場車第4弾が発表

 9月14日、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは11月17~18日に開催される『RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018』内のヒストリックF1イベント、マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1の出場マシン第4弾となる計6台のマシンを発表した。

 昨年の鈴鹿サウンド・オブ・エンンジン2017でデモンストレーションランが行なわれたマスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1は、3リッターエンジンを搭載した1966~1985年までに製造されたF1マシンを用いて、当時さながらのバトルが繰り広げられる人気ヒストリックカーレースだ。

 ヨーロッパを転戦するこのシリーズでは、参戦車両のグランドエフェクトの有無や年式などによって4つのクラス分けがなされており、欧州での公式戦では60台前後のエントリーを集めている。

 2018年のイベントではそんなヒストリックF1レースの公式戦が行なわれることとなり、これまでに15台の参戦車両が発表されている。そのなかで新たに出場決定がアナウンスされたのは、1980年にウイリアムズとアラン・ジョンーズにダブルタイトルをもたらした『ウイリアムズFW07B』をはじめとする合計6台。

 残る5台はマクラーレンが1980年シーズン途中に投入した『マクラーレンM29C』や、アロウズが1982年後半に制作したテストカー『アロウズA5』、エイドリアン・レイナードがRAMレーシング用に設計した初のF1マシン『マーチ821』に加えて、ロータス最後のグラウンドエフェクトカーとなった2台の『ロータス91』というラインアップで、いずれも1973年以降に製造されたグラウンドエフェクトカーで争われる“パトリック・ヘッドクラス”に属するマシンだ。

1980 マクラーレンM29C
1980 マクラーレンM29C
1982 ロータス91(No.2)
1982 ロータス91(No.2)

■マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1 出場マシンVol.4

1980 マクラーレンM29C
1980 ウイリアムズFW07B
1982 アロウズA5
1982 ロータス91(No.2)
1982 ロータス91(No.12)
1982 マーチ821


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 B-Max Racing Lady
あやきいく

F1 Photo Ranking

フォトランキング