F1 ニュース

2016.07.31

GP topic:メルセデスのエンジニアが、パワーユニットの序列を独自に分析


F1 | GP topic:メルセデスのエンジニアが、パワーユニットの序列を独自に分析

「トストさんにトイレで会ったら『ホンダは速いよ』って怒られました」
 
 F1ドイツGPの金曜日、長谷川祐介ホンダF1総責任者は微笑みながら、興味深いエピソードを語った。フランツ・トストはトロロッソの代表だが、無理もない。初日フリー走行の順位はマクラーレン・ホンダの2台が8位と10位だったのに対して、トロロッソ勢は11位、12位だったからである。

 しかし、長谷川総責任者は「エンジンそのものの性能としては(ホンダが、トロロッソが使っている)昨年のフェラーリ(パワーユニット)を抜いたと、はっきり言えるレベルにはないと思っています。総合力では、かなりいいところに来ているとは思いますが……」と慎重な姿勢だった。

 パワーユニットの性能に関しては、ハンガリーGP後にレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表が「ルノーはメルセデスに対して35kW(約47.5馬力)パワーが足りていない」と語ったが、長谷川総責任者は「トークンを使用したモナコGP以降のパワーユニットに関していえば、そこまでの差はないと思っています」と推し量っていた。

 そこで、ホーナーの発言についてメルセデスのあるエンジニアに確認を取ってみると、スマートフォンに残っているデータを見ながら、興味深い分析を教えてくれた。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

KCMGエンジェルス
生田ちむ(いくたちむ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング