F1 ニュース

2016.07.31

ロズベルグが地元でハミルトンを負かし、今季5度目のPP。背後にはレッドブル


F1 | ロズベルグが地元でハミルトンを負かし、今季5度目のPP。背後にはレッドブル

 2016年F1第12戦ドイツGPの予選が、7月30日に行われた。フリー走行すべてのセッションを制したメルセデスのニコ・ロズベルグが、予選Q3でベストタイムを記録。ルイス・ハミルトンに0.107秒の差をつけ、今季5度目のポールポジションを獲得した。2年前に当地で開催された母国グランプリではポール・トゥ・ウインを飾っており、明日の決勝で連覇を目指す。マクラーレンはジェンソン・バトンが12位、フェルナンド・アロンソは14位と、ともにQ2敗退となった。

 また、フリー走行3回目でギヤボックストラブルが発生、セッション途中で走行を止めていたハースのロマン・グロージャンは、ギヤボックス交換のため5グリッド降格のペナルティを受けることが決定している。

 気温26度、路面温度38度、湿度38%。天候は晴れ、ドライコンディションで18分間のQ1がスタートする。まずはマノーのリオ・ハリアントがトップタイムをマークして、グロージャンが2番手につける。そこからスーパーソフトタイヤを履くドライバーがアタックを開始。上位勢が順当に更新し、ハミルトン、ロズベルグがワンツーを記録すると、残り6分でダニエル・リカルド、キミ・ライコネン、マックス・フェルスタッペン、セバスチャン・ベッテル、バルテリ・ボッタス、セルジオ・ペレス、ニコ・ヒュルケンベルグ、アロンソのトップ10となる。

 残り3分で、下位グループのマシンが最後のアタックへ入る。16番手だったバトンは10位に上がりQ1通過。マノーのパスカル・ウェーレイン、ハリアント、ザウバーのフェリペ・ナッセ、マーカス・エリクソンは順位を上げられず、トロロッソのダニール・クビアトもノックアウト。ルノーのケビン・マグヌッセンも17位でQ3敗退となったが、チームメイトのジョリオン・パーマーは16位でQ2に進出した。17位マグヌッセン、18位ウェーレイン、19位クビアト、20位ハリアント、21位ナッセ、22位エリクソンがQ1で姿を消す。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
今井みどり(いまいみどり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング