F1 ニュース

投稿日: 2016.06.28 20:49

GP topic:平穏なバクーは今年で見納め? ヨーロッパGPが荒れなかった理由


F1 | GP topic:平穏なバクーは今年で見納め? ヨーロッパGPが荒れなかった理由

「GP2のレースを見たときは、F1でも混乱は起きるだろう。少なくともセーフティカーは導入されると思っていた」

 ヨーロッパGP後のフェルナンド・アロンソのコメントである。アロンソだけではなく、バルテリ・ボッタスなど多くのドライバーがレース後に語っていた言葉だ。なぜ市街地コースのバクー・シティ・サーキットで、F1のレースでは混乱が起きなかったのだろうか。

 ひとつめの理由は、アロンソの言葉に隠されている。それは多くのF1ドライバーがGP2の決勝レース2を見ていたからだ。ヨーロッパGPの決勝は、通常のスタートよりも3時間遅い現地時間の午後5時。GP2のレース2は午後2時スタートだった。いわゆる「ヨーロッパ・ラウンド」のGP2は午前10時25分スタートなので、F1ドライバーはサーキットに到着していないケースもある。しかし、バクーではF1のスタートまでの間隔が短く、朝起きたドライバーが早めにサーキットに入っていた。ホテルはサーキット周辺にあるため、移動時間が少なく、余裕があったことも、多くのドライバーがGP2のレースを見ていた理由だろう。