クルマ ニュース

2019.08.13

ポルシェ、『カイエン』に新型PHEVモデル投入。V8エンジン+モーターで680PS発揮


クルマ | ポルシェ、『カイエン』に新型PHEVモデル投入。V8エンジン+モーターで680PS発揮

2019年8月13日
プレスリリース

出力680PSと純粋な電気駆動による最大40kmの航続距離を備えたSUVのトップエンドモデル

もっともパワフルな『ポルシェ・カイエン』のプラグインハイブリッド

 ポルシェAGはE-モビリティへの注力を継続しています。パナメーラシリーズに続いて、カイエンシリーズにおいてもトップエンドとしてプラグインハイブリッドモデルの『カイエンターボSEハイブリッド』と『カイエンターボSEハイブリッドクーペ』をラインナップします。
 
 4リッターV8エンジン(404kW/550PS)と電気モーター(100kW/136PS)のインテリジェントな相互作用によって発生する500kW(680PS)のシステム出力は、8速ティプトロニックSトランスミッションによって統合されます。そして、アイドル回転数をわずかに超えた回転域から900N・mの最大システムトルクを利用することができます。
 
 どちらのモデルも、制止状態から100km/hまでを3.8秒で加速し、最高速度は295km/hに達します。この比類のない性能は、高水準の効率性も実現します。
 
 カイエンターボSE-ハイブリッドとカイエンターボSEハイブリッドクーペは、ゼロエミッションで最大40kmまで走行することができます。平均消費量(NEDC)は、3.9-3.7リッター/100km(燃料)、および19.6-18.7kWh/100km(電力)です。

●電気駆動のみの最高速度は135km/h

 カイエンファミリーの新しいトップエンドモデルは、すべてのポルシェプラグインハイブリッドと同様に、まさにハイブリッドパワートレインならではの特長によってプレミアムセグメントでもっともスポーティなクルマの1台となっています。
 
 カイエンターボSEハイブリッドモデルは、V8エンジンと8速ティプトロニックSトランスミッションの間に電気モーターが配置されており、2つのモーターがエレクトリッククラッチアクチュエータ(ECA)と呼ばれるハイブリッドモジュール内の分離クラッチを介して相互接続されています。Eパワードライビングモードにすると、電気モーターのみで最高速度135km/hに達します。
 
 他のモードでパワーブーストを追加することも可能です。標準装備のスポーツクロノパッケージを介して各モード(ハイブリッドオート、スポーツ、スポーツプラス)を選択することができます。ブーストストラテジーは、スーパースポーツカーの918スパイダーから採用されています。

 ラゲッジコンパートメントフロアに設置された14.1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーはポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)またはPorsche Connectアプリ(スマートフォンおよびApple Watch用)を介して充電を計画することもできます。

●ロール抑制システム、エアサスペンション、セラミックブレーキを標準装備

 カイエンターボSEハイブリッドとカイエンターボSEハイブリッドクーペには、工場で装着される広範な標準装備が用意されています。これらの装備には、ポルシェダイナミックシャシーコントロールシステム(PDCC)電気機械式ロール抑制システム、ポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)リアディファレンシャルロック、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)高性能ブレーキシステム、エクステリアカラー同色仕上げのホイールアーチエクステンションを含む21インチエアロデザイン軽合金製ホイール、パワーステアリングプラス、そしてスポーツクロノパッケージが含まれます。
 
 ポルシェアクティブサスペンションマネージメントシステム(PASM)を含むアダプティブ3チャンバーエアサスペンションは、ポルシェ特有の幅広いドライビングダイナミクスと快適な乗り心地を保証します。オプションで22インチまでの軽合金製ホイールとリアアクスルステアリングも装備することができます。

ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド/エクステリア・リヤ
ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド/エクステリア・リヤ
ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド/インテリア・コクピット
ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド/インテリア・コクピット


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

apr Lightning Stars
佐々木萌香(ささきもえか)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング