MotoGP ニュース

投稿日: 2019.11.19 21:03
更新日: 2019.11.19 21:05

名門モリワキ“苦渋の選択”。2019年限りで鈴鹿8耐及び全日本ロードJSB1000参戦休止を発表


MotoGP | 名門モリワキ“苦渋の選択”。2019年限りで鈴鹿8耐及び全日本ロードJSB1000参戦休止を発表

 モリワキエンジニアリングは11月19日、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスと鈴鹿8時間耐久ロードレースの参戦を2019年をもって休止すると発表した。

 2016年、8年ぶりに全日本の最高峰JSB1000クラスに復帰して話題となったモリワキ。マシンはホンダCBR1000RRモリワキ改、ライダーは高橋裕紀を起用して戦った。翌年の2017年には高橋裕紀に加え、鈴鹿8耐で4度優勝し、スーパーバイク世界選手権に参戦した経験も持つ清成龍一が加入し、2台体制で参戦。同時に、モリワキとして9年ぶりに鈴鹿8耐へ参戦することも発表された。

清成龍一(MORIWAKI MOTUL RACING)
清成龍一(MORIWAKI MOTUL RACING)
2019年は第2戦と最終戦にスポット参戦した高橋裕紀(KYB MORIWAKI RACING)
2019年は第2戦と最終戦にスポット参戦した高橋裕紀(KYB MORIWAKI RACING)

 モリワキは、JSB1000では4年間でポールポジション1回、表彰台3回、優勝1回を獲得。鈴鹿8耐では復帰初年度の2017年は27位、2018年は8位、2019年は決勝9位で終えている。

 そんなモリワキが、全日本JSB1000と鈴鹿8耐の参戦休止をSNSで発表。参戦休止については「苦渋の選択となりましたが、将来のレース活動への取り組みを中長期的に再編するという意味合いを持つポジティブな選択だと考えております」としている。

 発表されたモリワキレーシングの鈴鹿8耐及び全日本JSB1000クラス参戦休止に関する全文は以下のとおり。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

FALKEN
千倉里菜(ちくらりな)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング