MotoGP ニュース

投稿日: 2019.11.19 11:50
更新日: 2019.11.19 13:39

ホンダNSR500は「モトクロスバイクに乗るような感じ」とクラッチロー。乗って感じた現代マシンとの違い


MotoGP | ホンダNSR500は「モトクロスバイクに乗るような感じ」とクラッチロー。乗って感じた現代マシンとの違い

 3度のMotoGP優勝経験を持つカル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)は、11月10日に開催されたホンダレーシングサンクスデーを、誰よりも楽しんだかもしれない。なぜならクラッチローは一生の夢を実現したのだ。それは500ccのグランプリバイクで初めてレーストラックを走ることだった。

 1989年のロードレース世界選手権500ccクラスで、エディー・ローソンがホンダNSR500でタイトルを獲得した時、クラッチローはたった4歳だった。ホンダNSR500は史上最も多くの勝利を収めた最高峰クラスのグランプリマシンの初期バージョンであり、1984年から2001年の間に132勝を果たしている。

1989年にNSR500を駆っていたエディー・ローソン
1989年にNSR500を駆っていたエディー・ローソン

 アメリカ出身のローソンは1989年に4戦で優勝を飾った。最も成功したNSR500ライダーは、オーストラリア出身のマイケル・ドゥーハンで、1990年から1998年の間に54戦で優勝した。

 1980年代後半の2ストローク500ccエンジンは、その威圧するようなパフォーマンスで有名だった。背筋がぞくぞくするようなエキゾーストノートとともに、170馬力のパワーが急激にパワーバンドに達してリヤタイヤにもたらされる。しかもライダーを保護するためのトラクションコントロールはない。

ホンダNSR500に跨るカル・クラッチロー
ホンダNSR500に跨るカル・クラッチロー

「NSRに乗るのは信じれられないほど素晴らしく、本当に名誉なことだった!」とクラッチローは、秋の美しい日差しのなか、ツインリンクもてぎで忘れられない走行をした後で語った。

「僕はドゥーハンの時代からレースを観始めた。ミックの特別なライディングスタイルや、リカバリーを観るのがいつも好きだった。僕はレースファンであると同時にいつもホンダのファンだった。だから物事はとてもうまくいったわけだ。NSR500で、もてぎのような素晴らしいコースを走ることができるなんて、僕のキャリアでも最高の瞬間だよ」

「バイクは、僕が慣れているバイクとは完全に異なるものだった。500ccでレースをしているライダーを観ていた時は、バイクに目を見張ったものだったけれど、今ではライダーたちこそが素晴らしいのだと分かったよ! 彼らがあのマシンでやっていたのはすごいことだ。あのバイクに乗ることができたのは本当に名誉なことだ」


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

FALKEN
千倉里菜(ちくらりな)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング