MotoGP ニュース

投稿日: 2019.10.26 11:00
更新日: 2019.10.25 23:00

【MotoGPコラム後編】日本GPで赤面する敗北を喫するところだったマルケス。それを阻止したホンダの完ぺきな仕事


MotoGP | 【MotoGPコラム後編】日本GPで赤面する敗北を喫するところだったマルケス。それを阻止したホンダの完ぺきな仕事

 イギリス在住のフリーライター、マット・オクスリーのMotoGPコラムの後編をお届け。燃料ギリギリで第16戦日本GPを制したマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)。この勝利は、ホンダエンジニアたちが完ぺきに仕事をこなしたことをあらわしたレースでもあったとオクスリーは洞察する。

ーーーーーーーーーー

 MotoGPが自動計算するバイクからライダーが考えて走るマシンに切り替えを行なったことで、状況はライダーだけでなくチーム全員にとってより難しいものになった。フリー走行中は各チームのデータエンジニアたちが、燃料消費の数字の分析に何時間も費やす。

チームと打ち合わせをするマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
チームと打ち合わせをするマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

 データエンジニアたちは、フリー走行で起こったすべての周回ごとに何が起きたかを正確に把握している。ライダーは自力で走行したのか? 誰かのスリップストリームに隠れていたのか? ラップタイムを出すためにホイールスピンを多用したのか? それとも、よりスムーズにホイールをラインに収めていたのか? そして、そうした各周回における燃料消費はどれだけだったのか?

 そうしたすべてのデータをエンジニアたちは推定し、ライダーがレースで使用するトルクや、エンジンブレーキ、トラクションコントロール、アンチウイリーのマップを作成する。こうしたすべての作業はライダーとともに行われる。

 だからライダーは自分のエンジンに何を期待できるか正確に分かっているのだ。これは不可欠なことだ。なぜなら状況によってライダーはライディング技術を適応させる必要があるからだ。望むほどのトルクがない状況だったら、おそらくコーナリングスピードにより集中することになるだろう。

 すべてのライダーがツインリンクもてぎでのレースウイーク中、燃料消費のことを考えなければならないことを分かっていた。たとえレースが始まる前からでもだ。

MotoGP日本GPでの走行シーン
MotoGP日本GPでの走行シーン

 レースは24周で、約115kmある。しかしレースが始まる前に、ライダーはサイティングラップとウォームアップラップを走行しなければならない。合計で約125kmの走行距離となる。つまり、ライダーはチェッカーフラッグを見たければ、280馬力のエンジンを4リッターの燃料で約25Km分動かさなければならない。

 マルケスはサイティングラップを完全なクルーズモードで走行した。ストレートでは軽くスロットルを開け、ドラッグを減らすために控えめな走行をした。燃料の一滴一滴が貴重だからだ。

 しかし、ウォームアップラップはさらに複雑だ。第1コーナーで転倒しないように全開にしてタイヤを温めるか、それとも最終コーナーでガス欠にならないように抑え気味にいくか? 選択につぐ選択となる。

■完ぺきな仕事をしたホンダのエンジニア


MotoGP News Ranking

本日のレースクイーン

FALKEN
千倉里菜(ちくらりな)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング