スーパーフォーミュラニュース

2018.09.25

関口雄飛 2018スーパーフォーミュラ第6戦岡山 レースレポート


2018年全日本スーパーフォーミュラ第6戦、岡山国際サーキット

大逆転のポールポジション、悪天候で波乱の展開となったレースでも、
関口雄飛が、小林可夢偉選手との熾烈なバトルを制して今季初優勝を飾る!!

 9月8日~9日、岡山県、岡山国際サーキットにおいて全日本スーパーフォーミュラ第6戦が開催されました。今シーズンもITOCHU ENEX TEAM IMPULから19号車でエントリーする関口雄飛は、今年、いろいろな不運で本来の実力をなかなか発揮できなかったものの、シリーズポイントランキング5位につけてこの第6戦に挑みました。

 シリーズチャンピオンを狙うには、この岡山戦での結果が重要な鍵を握ることを自覚し、大いなる決意を持ってこのレースを迎えたのです。

 ドライコンディションのなか、金曜日のフリー走行では3番手のタイムをマークした関口雄飛でしたが、マシンのバランスには満足するものの、絶対的な速さとしてはまだ追及で
きる部分があると判断し、夜遅くまでエンジニアとデータ解析を進めました。

 土曜日は、朝から激しく雨が降っており、フリー走行では開始早々にコースアウトするマシンが出て赤旗中断。セッション再開を危ぶむ声も出ましたが、雨が小降りになってセッションは無事再開され、関口雄飛は1分27秒007のタイムで5番手につけました。

 雨量が多いと問題ないのですが、雨量が少なくなるとライバルたちのタイムアップの度合いに対して、自分たちのペースが上がらないという問題を再確認し、セッションを終えました。

 午後の予選が始まる頃には雨もあがり、時折青空がのぞくようになりましたが、路面はウエット。予選アタック中にも路面のコンディションが変化していくため、アタックのタ
イミングとセットアップの方向性が難しい予選となりました。

 15時15分にスタートした予選Q1は、全車ウエットタイヤを装着してコースイン。しかしセッション開始5分で赤旗。15時37分から16分5秒を残しての再開となりました。


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

TonerS/2018SGT
榎本セナ(えのもとせな)

Photo Ranking

フォトランキング