スーパーフォーミュラニュース

2018.09.10

トヨタ 2018スーパーフォーミュラ第6戦岡山 レースレポート


ポール・トゥ・ウインで今季初勝利を挙げた関口雄飛、2位小林可夢偉、3位となった平川亮

2018年全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦岡山
雨中の熾烈なバトルを制した関口雄飛が今季初勝利!
攻めた小林可夢偉は惜しい2位。平川亮が3位

 岡山国際サーキットで開催されたスーパーフォーミュラの第6戦は、悪天候による長い順延の後に雨のなかで激戦が展開され、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が今季初勝利。最後まで首位を争った小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が2位、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が3位でトヨタエンジンが表彰台を独占しました。

 スーパーフォーミュラの第6戦が9月8日(土)、9日(日)の両日、岡山県の岡山国際サーキットで開催されました。

 全7戦で行われる2018年シーズンのスーパーフォーミュラも今大会を含め残り2戦。注目のタイトル争いは、参戦2年目のニック・キャシディ(KONDO RACING)がランキング首位、前戦勝利を挙げたディフェンディングチャンピオンの石浦 宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)が3点差で追い、このふたりを含めた3人がやや抜け出した状態となっています。

 ポイント的にはやや離されたものの、この終盤2戦の戦い次第では逆転可能な位置に付けている平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)らにとっても、タイトル争いに残るために重要なこの一戦に臨みました。

予選

 この週末の西日本は、停滞した前線の影響で天候に恵まれず、8日(土)も朝から雨模様。午前中のフリー走行はかなり強い雨に見舞われましたが、午後3時15分からの予選Q1開始時点では雨は止んでおり、気温は21度、路面温度26度、ウェットながら、路面状況は徐々に回復していくという難しいコンディションでセッションがスタートしました。
 
 セッションが開始されて間もなく、本格的なタイム計測が始まろうとしたところで、午前のフリー走行でトップタイムをマークするなど好調だったトム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)がコースオフしバリアにクラッシュ。いきなりの赤旗中断となってしまいました。
 
 車両排除のため20分弱中断された後、セッションは残り16分5秒で再開。ここでいきなり平川が1分26秒台に入れる好タイムをマークしトップに。その後、各車一旦タイムをマークした後ピットインし、再アタックで次々にタイムを更新していきましたが、中嶋が苦戦しタイムを伸ばすことができず、16番手でまさかのQ1敗退となってしまいました。

3位表彰台を獲得した平川亮
3位表彰台を獲得した平川亮


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

TonerS/2018SGT
榎本セナ(えのもとせな)

Photo Ranking

フォトランキング