スーパーフォーミュラニュース

2018.09.10

JMS P.MU/CERUMO・INGING 2018スーパーフォーミュラ第6戦岡山 決勝レポート


国本雄資 JMS P.MU/CERUMO・INGING)

2018 SUPER FORMULA
JMS P.MU/CERUMO・INGING Race Report
第6戦 岡山国際サーキット

◆9月9日(日) 決勝
#1 石浦宏明 7位/#2 国本雄資 8位

<決勝>

天候:雨|コース状況:ウエット

 2018年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦は、天候不良によりスタートが遅れ、さらに規定周回数よりも先に最長レース時間を迎えフィニッシュ。JMS P.MU/CERUMO・INGINGの石浦宏明と国本雄資は、それぞれ7位と8位でチェッカーを受け、2台そろってシリーズポイントを獲得した。

 この週末は、秋雨前線の停滞が影響し全国的に雨模様となった。岡山国際サーキットのある美作市周辺も、決勝日は朝から断続的に強い雨が降っていた。決勝レースの時間帯に、さらに雨が強まる懸念もあったため、午前8時にタイムスケジュールの変更が発表された。
 
 周回数は当初予定されていた68周から54周に減算され、レースのスタート時刻は午後1時55分と早まることになった。決勝レースを見据えたフリー走行は、午前9時からスタート。開始5分で1台のマシンがクラッシュしたことで赤旗中断となり、結果的には20分ほどの走行になったが、このなかで国本が1分30秒359をマークし2番手につけた。石浦もピットインを繰り返してマシンの調整を行いながら、最終ラップで1分31秒305をマークし8番手となった。

 昼を迎え、予想よりも雨脚が強まったこともあり、ふたたびスケジュールが変更され、午後2時55分からのスタートとなった。前日の予選で国本は8位、石浦は9位となっていたが、朝のフリー走行でクラッシュしたマシンがエンジン交換をしたためグリッドを降格されることになり、それぞれスターティンググリッドはひとつ繰り上がることに。
 
 国本が7番手、石浦が8番手で、レースはセーフティカースタートとなった。6周目まではなんとか周回を進めたものの、雨脚が強まり視界が確保できなくなったことから、7周目でレースは赤旗中断。約1時間後に、ふたたびセーフティカー先導でレースが始まると、13周目にリスタートが切られ、本格的に第6戦決勝レースが始まった。

 国本と石浦は1秒前後のギャップを保って周回。マシンが上げる水煙も大きく、簡単には差を詰められない上に、足元をすくわれるドライバーも現れ始めるなど、緊迫したレースが進んでいく。23周目に2台の位置が逆転したところで、コース上で他車のクラッシュがあり、またもやセーフティカーが入ることに。ただしこれは3周ほどで解除され、27周目に2度目のリスタートを迎えた。

石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
国本雄資 JMS P.MU/CERUMO・INGING)
国本雄資
JMS P.MU/CERUMO・INGING)
監督/立川祐路
監督/立川祐路


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

2018D’stationフレッシュエンジェルズ/2018SGT
林紗久羅(はやしさくら)

Photo Ranking

フォトランキング