海外レース他ニュース

2018.10.05

ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアシリーズ 2018第5大会上海 レースレポート


第5大会上海レース1を制したクラッツィオ・レーシング

クラッツィオ・レーシング、上海でランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジア3勝目を勝ち取る

●コッツォリーノ/ヤジドがポールポジションから終始圧勝

●PRO-AM優勝はライパート・モータースポーツのエスケリネン/プハッカ

●第10戦は、11月のワールドファイナル開催前となるアジア最後レース

【中国、上海(2018年9月22日)】
 中国の上海インターナショナル・サーキット開催のダブルヘッダーの初日、クラッツィオ・レーシングがポールポジションから終始圧倒的な走りを見せ、ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジア3連勝目を勝ち取りました。一時は2位に10秒の差を付けたクラッツィオ・レーシングは、ライパート・モータースポーツのベン・ゲルセコウスキー/リチャード・マスカットとFFFレーシング・チーム・バイACMのアンドレア・アミチ/アルトゥール・ヤノスの両者を制してチェッカーフラッグを走り抜けました。
 
 PRO-AMでは、ライパート・モータースポーツのミコ・エスケリネンとユーソ・プハッカが今シーズン4回目となる優勝を果たしました。最後から2周目でプハッカがFFFレーシング・チーム・バイACMのプロ・ドライバー、ジェームズ・プルを追い抜き、フィンランド出身のエスケリネン/プハッカは総合でも4位に入賞しました。PRO-AMの表彰台2位に上ったのは、ガマ・レーシングのエバン・チェンと浅井亮博、3位はホージャスト・レーシングの松本武士と落合俊之でした。
 
 AMの優勝を飾ったのは、中国人ペアのビアンとパン・チャオ。ランボルギーニ・カップでは香港出身の852チャレンジャーズ、ポール・ウォンとクレメント・リーがGDLレーシングのガブリエル・ムローニを制し、同クラスのスタンディング順位の差を広げました。
 
 PROカテゴリー1位は依然として109ポイントのアミチ/ヤノス。2位のバーソロミュー/プルとは18ポイントの差です。さらに2ポイント遅れでゲルセコウスキーが3位に続き、5レース前からのシリーズ途中参戦のコッツォリーノ/ヤジドは4位に入っています。PRO-AMではエスケリネン/プハッカがチェン/浅井をわずか2ポイントながらリードし、AMではトゥルーヴィジョンズ・モータースポーツ・タイランドのボビー・ブンチャロエンが1位に。ランボルギーニ・カップの首位はウォン/リーで、後にムローニが続いています。
 
 上海インターナショナル・サーキットはF1中国グランプリも開催される5.451キロのコース。午前中に行われた予選で、コッツォリーノは2分04秒651というラップタイムでポールポジションを獲得しました。ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアPROカテゴリー連勝中のコッツォリーノ/ヤジドは、勢いに乗って3連勝を狙います。
 
 コッツォリーノに並ぶのは松本、セカンドローにはアミチと浅井が入ります。ゲルセコウスキーはグリッド5番手からのスタートになりました。同じライパート・モータースポーツのエスケリネンも、サードローのゲルセコウスキーの後ろに並びます。グリーンランプが点灯しローリングスタートが開始されると、首位コッツォリーノの後ろでゲルセコウスキーがグリッド5番手から2番手に浮上。最高のスタートを切ることのできなかったアミチは後れを取り順位を下げますが、すぐに取り戻し3番手に上がってゲルセコウスキーの背後にぴたりと付けます。
 
 オープニングラップを終える頃には、コッツォリーノを先頭に、1.3秒空けてゲルセコウスキーとアミチ、その後にPRO-AM先頭の松本、僅差で後を追うチェンが続いていました。ゲルセコウスキー、アミチ、松本が激しい2番手争いを繰り広げる一方で、コッツォリーノはこの機を捉えてリードを広げ、4周目の終わりには後続に5秒以上の差を付けます。
 
 アミチはゲルセコウスキーに猛攻をかけますが、ゲルセコウスキーはそれによく耐えます。松本が少し後退したことで、2番手はゲルセコウスキーとアミチがテールトゥノーズの一騎打ちの展開に。先頭集団の後方では、スタート後に順位を落としたエスケリネンが、同じPRO-AMクラスのチェンを追い上げていました。
 
 AMの先頭はパン。ランボルギーニ・カップではYHレーシング・チームで今シリーズ初参戦のヨシハラ・ダイが、ムローニとウォンの先を走ります。ピットウィンドウがオープンしたときに最初にピットインしたのはウォンでした。リーに交代し、チームのポジションアップを狙います。リーは早めの交代で得た時間を活用し、ライバルたちのミスも幸いして順位を上げ、シーズン6勝目のクラス優勝を果たしました。
 
 コッツォリーノがヤジドに交代する頃には、クラッツィオ・レーシングのリードは10秒にまで積み上がっていました。ヤジドのスティント前半ではこのアドバンテージを維持。十分なリードはあったものの、レースにはまだ劇的な展開が待っていました。
 
 15周目、3番手を走っていた落合と猛追する4番手ヤノスとの間で接触があり、落合がスピン。ヤノスはコッツォリーノとマスカットに続いて3番手に上がる一方で、落合はFFFレーシング・チーム・バイACMのジェームズ・プルに抜かれ、5番手に落ちます。マスカットはヤジドを追い上げ、ラップごとに間隔を狭めていき、チェッカーフラッグ通過時には差を3秒まで縮めていました。
 
 プハッカは落合に迫り、17周目にはPRO-AM首位を奪って総合でも5番手に浮上。突進するプハッカの勢いは止まらず、次にプルを狙います。イギリス出身のプルとの差を詰めたプハッカはついに追い抜きに成功し、総合4位に入りました。


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Pacific Fairies/2018SGT
村山久美(むらやまくみ)

Photo Ranking

フォトランキング