海外レース他ニュース

2018.10.06

ETRC:第7戦ル・マン。帝王ハーンが2勝を挙げ、自身5度目のチャンピオン獲得


 2018年シーズン後半戦は短い開催スパンで怒涛のようにレースが開催されてきたETRCヨーロピアン・トラック・レーシング・チャンピオンシップ。9月29~30日に第7戦がフランス・ル・マンで開催され、土曜のレース1、日曜のレース3を制したヨッヘン・ハーン(ヨッヘン・ハーン・レーシング/IVECO)が最終戦を前に自身5度目のシリーズチャンピオン獲得を決めている。

 8月のサマーブレイクが開け9月1~2日に第5戦チェコ・モスト、15~16日に第6戦ベルギー・ゾルダーと開催されてきたシーズンは、9月3戦目となるル・マン、ブガッティ・サーキットが舞台に。

 世界的で最も有名なサーキットのひとつ、24時間レース開催のホームストレートからユノディエール進入前で最終コーナー方面に折り返すパーマネント・レイアウトの全長4185mのサーキットでの勝負に。

 そこで週末最初のポールポジションを獲得したのはサッシャ・レンツ(SLトラックスポーツ/MAN)となったが、“帝王”ハーンは続くレース1のスタートで早々にポールシッターを仕留めると、そのままレースを支配。

 後続とのギャップを保ち、チェッカーを受ける際にはお馴染みとなった“パワースライド”を決める余裕を見せ今季9勝目。これで20ポイントを加算し、選手権ライバルの現王者アダム・ラッコ(バギラ・インターナショナル・レーシング・システムズ/フレートライナー)に対して80点差とし、早々にタイトル王手を掛ける状況となった。

 続く午後のレース2は、リバースポールから戦ったアンドレ・クルシム(Don’t Touch Racing/IVECO)が首位を堅持し今季3勝目。2位にシリーズ紅一点の実力者、シュティフィ・ハルム(チーム・シュワーベントラック/IVECO)が続き、最後の3位表彰台にはラッコが入ったものの、その後方4位には8番グリッドから挽回を見せたハーンが入り、ディフェンディングチャンピオンの追撃を許さない勝負強さを見せつけた。

 その勢いのまま臨んだ日曜早朝のスーパーポールセッションでは、ハーンが今季6度目のポールポジションを獲得すると、前日の逆襲に燃えるフロントロウ・スターターのレンツを完全に封じ込め、老獪なディフェンスを披露。

サルテと併用されるホームストレートに、ル・マン伝統のスタイルで並べられたETRCトラック
R1では6位に終わり、窮地に追い込まれたフレートライナーのアダム・ラッコ
R2開始のグランドスタンド。フランスにも欧州全域からトラッキーたちが集った
R1に続きラッコとのバトルを制したシュティフィ・ハルムは2位表彰台を獲得した


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

TEAM TOYO TIRES DRIFT GALS/2018D1GP
山崎さとみ(やまざきさとみ)

Photo Ranking

フォトランキング