F1ニュース

2018.10.11

【トロロッソ・ホンダ/ガスリー密着コラム】日本GPで上々の予選結果も、ガスリー担当エンジニアは悔し涙


 2018年、ホンダF1はトロロッソと組んで新しいスタートを切った。新プロジェクトの成功のカギを握る期待の新人ピエール・ガスリーのグランプリウイークエンドに密着し、ガスリーとトロロッソ・ホンダの戦いの舞台裏を伝える。

———————————

 日本GP予選、ピエール・ガスリーは7番グリッドを獲得した。今のトロロッソ・ホンダの実力からすれば、手放しで喜んでいい成績である。しかし予選後の囲み取材に姿を見せたガスリーは、むしろ硬い表情だった。

 予選直前の3回目フリー走行までホンダの最新スペック3のパフォーマンスに今ひとつ満足できず、さらに赤旗中断の追い打ちもあって、十分に性能確認できないまま予選に臨まざるをえなかった。

「(Q3の)最後のアタックで、コンマ2~3秒失っていた。先週のロシアからの振動問題が完全に解決できず、アグレッシブなエンジンの使い方ができなかった。普通に走っていたら、予選5番手は十分可能だったよ」

 期待したグリッドに届かなかったこと以上に、ガスリーはブレンドン・ハートレーに負けたことが我慢ならなかったようだ。

 2018年シーズン中盤以降は予選でチームメイトに負けたことはなかっただけに、わずか1000分の75秒差でも後塵を拝したことは、「かなりショックだったみたいで、正直予選直後はけっこう荒れてたわね」と、お母さんのパスカルさんが苦笑していた。

ピエール・ガスリーと担当エンジニア、マッティオ・スピーニ

 しかしそれ以上にパスカルさんが驚いたのは、「マッティオが悔し泣きしていたこと」だったと言う。マッティオとはガスリーの担当エンジニア、マッティオ・スピーニである。カルロス・サインツの担当エンジニアを経て、今年から組んだガスリーとはまさに一心同体の関係で、ともに喜び、苦しんできた。

 スピーニには今回直接の話を聴けなかったが、ふたりにとって最高グリッドであるバーレーンでの6番手をしのぐことは十分に可能だと手応えを感じていたに違いない。レースエンジニアはどんなときも冷静なもので、むしろドライバーを叱咤激励する役割を担うのが普通だが、今回のスピーニはついラテンの血が騒いでしまったようだ。

■上機嫌だったチーム代表もレースでは一転


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

KT Honey/2018SGT
山下莉果(やましたりか)

Photo Ranking

フォトランキング