F1ニュース

2018.10.11

F1進出目指す女性ドライバーをサポート。女性のみの新カテゴリー『Wシリーズ』が始動、クルサードやニューウェイが参画


 女性ドライバーの育成と支援を目的とした、女性のみの新しいシングルシーター・モータースポーツシリーズが立ち上げられることが発表された。

 この『Wシリーズ』は、元F1ドライバー、デイビッド・クルサード、レッドブル・レーシングのチーフテクニカルオフィサーであるエイドリアン・ニューウェイといった著名なF1関係者のサポートを受けて、2019年5月にスタートする予定。

 Wシリーズは、モータースポーツで女性は男性と対等に戦えるとの信念をベースにしつつ、女性ドライバーを増やすためには女性のみのシリーズが必要であるとの考えのもとに設立された。シリーズの目的は、観客にエキサイティングなレースを提供すると同時に、女性ドライバーたちに上位カテゴリーに進出するための経験を積ませることであるという。

 マシンはF3マシン、タトゥースT-318にオートテニクカ・モトリの直列4気筒1.8リッター・ターボエンジンを搭載したものを使用し、全ドライバーが同じマシンで競う。

 1レースの長さは30分で、F1カレンダーでおなじみのヨーロッパのサーキットで6戦が行われるという。将来はアメリカ、アジア、オーストラリアに拡大される見込みだ。

 初シーズンには18人から20人のドライバーを参戦させる予定であると主催者は述べている。ドライバーの一次選考は、コース上での走行、シミュレーター、エンジニアリング、体力面などのテストによって行われる。選ばれた者は、ドライビングテクニック、シミュレーター、エンジニアリングに関するアプローチ、フィジカル面の向上、メディア対応など、多岐にわたるトレーニングプログラムを受ける。このプロセスを支えるのは、F1で長年の経験を積んだ実績のある人物たちで、F1で優勝経験を持つクルサード、現代F1で最も成功したデザイナーであるニューウェイ、マクラーレンやマノーでチームマネージメントにかかわったデイブ・ライアン、F1の広報やジャーナリストとしての豊富な経験を持つマット・ビショップらが名を連ねている。

 Wシリーズへの参戦に伴い、ドライバーたちは資金を持ち込む必要はない。チャンピオンへの50万ドル(約5600万円)をはじめ、最終ランキングの18位までにプライズマネーが贈られ、プライズマネーの総額は150万ドル(約1億7000万円)に上るということだ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています