国内レース他ニュース

2018.10.03

Audi Team DreamDrive Noah 2018スーパー耐久第5戦もてぎ レースレポート


九州のレーシングチームとしてS耐にフル参戦するAudi Team DreamDrive Noah

m-1 CARFACTORY RS3 LMS
もてぎ戦は6位入賞にとどまる

 ピレリ・スーパー耐久シリーズ2018(S耐)に参戦するAudi Team DreamDrive Noahのm-1 CARFACTORY RS3 LMSは、9月22~23日にツインリンクもてぎ(栃木県)で開催されたシリーズ第5戦『もてぎスーパー耐久 5Hours Race』のST-TCRクラス(全8台)に参戦。ブレーキに厳しいコースでアクシデントもあり6位入賞でレースを終えた。

 福岡に本拠を置くAudi Team DreamDrive Noah(代表:清瀧雄二)は、“九州に元気を! 九州のモータースポーツにもっとワクワクを!”を合言葉に九州のレーシングチームとしてS耐にフル参戦。今回は前回に続き熊本在住の塚田利郎、蘇武喜和、清瀧というレギュラー3名に、渡辺忠司を加えた4名体制を敷いた。
 
 今回のST-TCRクラスには、5台のアウディRS3 LMS、2台のホンダ・シビック タイプR、VWゴルフGTIという計8台が参戦。ブレーキとタイヤに厳しいコースで、清瀧がもてぎを走行するのが2回目ということもあり、無理をせず順位をコツコツと上げる作戦だった。

 21日の専有走行はウエットコンディションとなり、十分なセッティングも決まらないまま迎えた予選日。朝まで弱い雨が残ったが、午前中には晴れ間も出て蒸し暑くなった。
 
 公式予選はA、Bドライバー2名のベストタイム合算で争い、塚田と蘇武のベストタイム合算の結果クラス5位につけた。

 全8クラス計48台の車両が参加した5時間耐久の決勝レースは、23日の12時3分にスタートした。ステアリングを握るのは初めてのスタートドライバーを務める清瀧。今回が2度目のもてぎということで慎重にオープニングラップを1周した清瀧は、順位をクラス8位に落としたながらも燃料満タンであることからも無理なバトルを避けて予定どおりの25周でピットイン。ここで塚田に交代、タイヤは毎回フロントの2本のみの交換とした。
 
 塚田はブレーキとタイヤを労わりながら周回を重ねるが、ST-2やST-3クラスの車両との混戦のなか、なかなかクラス順位を上げることができない。

 塚田は67周でピットインして渡辺に交代。この時間帯ではアウディ勢にブレーキトラブルが頻発しピットインしてパッド交換するチームがあり、渡辺は5位まで順位を上げた。そしてST-2クラスの車両と順位を入れ替えながら走行していたが、93周目のV字コーナーで接触。右フロントのフェンダーを破損したこともありピットイン。
 
 ここで蘇武に交代し、フェンダーを修復し、ブレーキパッドを交換してコースへ戻ったがふたたび順位は7位となった。さらに先ほどの接触によりピットロードのドライブスルーペナルティを課せられてこれを消化した。


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

KT Honey/2018SGT
山下莉果(やましたりか)

Photo Ranking

フォトランキング