クルマニュース

2018.10.02

フォルクスワーゲン、新型『ポロ』に新オプションとインテリアカラーを追加


プレスリリース
2018年10月2日

フォルクスワーゲン新型『ポロ』一部仕様変更

新オプションとインテリアカラーの追加設定

 フォルクスワーゲングループジャパン株式会社(代表取締役社長:ティルシェア、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、本日より新型『ポロ(Polo)』において、一部仕様変更を行ないます。
 
 新型『ポロ』は、コンパクトカークラスにも関わらず、フォルクスワーゲンの先進安全装備・先進技術を惜しみなく装備し、今年3月の新型導入以降多くのお客様からご好評いただいています。今回の仕様変更は、新オプションとインテリアカラーの追加設定です。
 
 新たに設定されるオプションは、最新世代のデジタルメータークラスター“Active Info Display”と“スマートフォンワイヤレスチャージング”がセットになっている『テクノロジーパッケージ』です。新型『ポロ』の特徴のひとつである“新世代インテリアデザイン”をさらに具現化すべく、先進的なレイアウトによって、使い勝手をさらに向上させます。すでに、新型『ポロ』のスポーツモデルである“Polo GTI”にはテクノロジーパッケージとして設定されており、“Polo GTI”をご購入いただいた方の約9割の方にお選びいただいている人気オプションのひとつです。
 
 また、インテリアカラーの変更点として、新たに有償オプションカラーとなったリーフブルーメタリックとエナジェティックオレンジメタリックをボディカラーにお選びいただいた場合、ダッシュパッド及びセンターコンソールがボディカラーと同色になりました。
 
 さらに、ハイライン(Highline)の場合は、シートファブリックにもボディカラーと同色のラインがデザインされます。
 
『ポロ』は、1975年に欧州で初代が発売されて以降、40年以上にわたり1400万台以上が生産されている世界的なベストセラーカーで、日本では1996年に本格導入を開始。累計25万台以上が輸入・販売されており、毎年輸入車販売台数上位をキープする人気モデルです。

フォルクスワーゲン新型ポロ(リーフブルーメタリック)
有償オプションカラー車のインテリア(リーフブルーメタリック)
デジタルメータークラスター“Active Info Display”


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

Owltech Lady/2018SGT
宮瀬七海(みやせななみ)

Photo Ranking

フォトランキング